HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2013年2月アーカイブ

院長ブログ 2013年2月アーカイブ

腰痛・両脚のシビレ         70代男性

腰痛は痛みがかんじなくなった。

両脚のシビレはなくなりました。

P1040022.JPG


スタッフ

相模原市小町通に移転して4か月が経ちました。

こんなスタッフでやっております。

P1040020.jpg

だいぶ小町通の街並みにもなれてまいりました。

相模原駅からまっすぐ上溝方面へ向かい、ノジマ電気のすぐそばに渡部治療院はあります。

腰痛や肩こり、全身疲労などでお悩みの方は、お立ち寄りください。


2~3日後の筋肉痛

「年取るとなんで筋肉痛は2~3日後になるの」との質問を受けましたので、調べてみました。

2~3日後の筋肉痛と老化との関係は、現時点では証明されていません。

実は詳しいことは分かっていません・・・これじゃ答えになってませんかね(^^ゞ

筋肉痛も原因はよく分かっていません。

年を取ると筋肉痛の原因とされている、筋繊維の損傷と回復が発生する過程が遅延

するのは事実ですが。それが2~3日後の筋肉痛=老化とはならないようです。

2~3日後の筋肉痛は、運動不足や筋肉の質など、個人差のほうが大きいようです。

年を取ると筋肉の機能そのものは弱くなるですから、普段運動をしていないと、若いころには起こらな

かった程度の運動でも、軽度の筋肉痛が起こるようです。

2~3日後の筋肉痛=老化ではないですが、普段から適度な運動はしておいたほうがよさそうです。

 


健康について

昨日、お世話になった先輩のお通夜がありました。

たしか54歳です。若いとしか言いようがないですが。

なぜ亡くなってしまったのか、ほかの先輩から聞きました。

なんでも、ひどい胃潰瘍を長いこと治療しなかったとか、目がかすんだり、

激しい頭痛がしたりという状態をそのままにしていたようです。

その話を聞いたとき、私はとても残念でなりませんでした。

健康にもう少し気持ちを傾けていれば助かったのではないか?

自分の健康に留意しながら、皆さんの健康をコンサルタントしていくこと。

やっぱりこれが私の使命だと、強く思った一日でした。


膝から下の冷え

先日、私の母が体調不良ということで少し診てあげると。

膝から下が冷え冷え(ー_ー)!!

顔のほうで温度を感じてしまっていて、そもそも家自体がかなり寒いのです。

顔がほてるのが嫌でファンヒーターの温度を20度にしていました(ー_ー)!!

母には「踝(くるぶし)で温度を感じて」と伝えて、冷えに効くツボに鍼をしました。

私の母だけではありません。この時期、女性の冷えは多いです。

ぜひ、踝(くるぶし)で温度を感じてみてください。

膝から下の冷えをふせげば、全身も温まってきますよ。


花粉症の鍼(はり)治療その2

花粉症の鍼はどこに打つんですか?との質問を頂きましたので、

画像を張り付けておきます。

20130204.jpg

つぼに電気を流して15分。痛くはありません。

料金は1回2000円になります。

なるべく続けて2週間(合計10回)治療するのが望ましいですが。

写真の方は3回くらいで効果が出るようです。

効き方は個人差がかなりあります。


花粉症の鍼(はり)治療

花粉症の季節がやってきました。

しかも、今年は例年の5~6倍と言われています。

当院では、花粉症を、鍼(はり)ちりょうにて治療しております。

約8割程度の方に効果があります。

どのような方が多いかといいますと。

車の運転が仕事の方や、接客業の方が多いです。

強い薬を使うと鼻水は止まるが眠くなって仕事にならない方のご来院が多いです。

詳しくはお電話でお問い合わせください。


変形性膝関節症その3

なぜ変形性膝関節症になるのですか?という患者さんの問いにこたえたのですが。

今度は、どのように施術(治療)するのですが?との質問がありましたのでお答えします。

多くの方が膝をかばい、ほかの部分の筋肉や関節の動きを悪くしているので。

全身をほぐします。その後、膝に鍼を打つことが多いです。

そして、筋力の低下を招いていることも多いので、大腿四頭筋(太ももの前の部分)の

トレーニングを指導して、経過をみていくといった具合です。

おことわりしておきたいことがあります。

患者さんの症状や状態により施術(治療)の内容は変わります。

多くの場合こんな感じになります。


1

« 2013年1月 | メインページ | アーカイブ | 2013年3月 »

このページのトップへ