HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2013年9月アーカイブ

院長ブログ 2013年9月アーカイブ

足首のストレッチ


こんにちは!
スタッフ西山です。
女性は、下半身の冷えや浮腫みが気になる方が多いと思います。
私も冷え症に加えて、特にふくらはぎが硬い事が気になっていました。

そんな症状改善のため、私が続けているストレッチを紹介します。
院長ブログ2013年7月8日をご覧ください。
(注意:膝に痛みのある方には向いていません)

院長先生は、足首の関節の柔軟性を高めるストレッチとして紹介しています。
私は毎日このストレッチを続けるうちに、足首はもちろん、ふくらはぎのお肉がとても柔らかくなっている事に気がつきました。

20分のストレッチだけで、とても嬉しい変化です。
ちなみに、最初のうちは出来なくて後に倒れてしまったので、手は背中で組まずに、テーブルの脚につかまってやりました(^_^;)

院長先生のお話では、足首が柔らかくなると、つまづきにくくなったり、足が疲れにくくなるそうですよ。という事は、
長い時間歩ける→足の血行が良くなる→足の冷えが改善!
そんな効果も期待できるのではないでしょうか。

例えば、
通勤前に足首ストレッチ。お散歩の前に足首ストレッチ。
などはいかがですか?
興味のある方は、ぜひ続けてみてください。

健康寿命

みなさんは「健康寿命」という言葉をご存じだろうか。

平均寿命から介護(自立した生活ができない)を引いた数が健康寿命になるのですが。

現在、WHOでは日本の健康寿命はおよそ75歳。厚生労働省では72歳だそうです。この違いは定義に若干の違いがあるからだそうですが。間を取ると73.5歳になります。

この「健康寿命」も平均寿命と同じく、日本は世界第一位であるのですが、この一位が危ういというのです。

この「健康寿命」を伸ばしていこうということで、神奈川県鍼灸マッサージ師会は色々な取り組みをやってきました。勿論これからもやっていきます。

相模原市鍼灸マッサージ師会もこれに習っていこうとでいろいろとやってまいりました。勿論これからもやっていきます。

何度も言っていますが、11月3日(日)その一環として市民公開講座を行います。詳細が決まりましたので写真にてアップしておきますので。皆さんふるってご参加ください(#^.^#)

P1040358.jpg


背中を意識する

受付の小佐野です。

鏡で自分の顔(^^)はよく見ても、背中は、何度も映すことはありません。

背中は無防備で、無意識ですが、
背中を抱かれると(子供でも、親、夫婦でも)気持ちよく、
ホッとする場所です。

体の殆どの部位は自分でtouchできるのに、背中はちょっと違います。

そんな背中を含め、体のほぐし・矯正をし、知らず知らずのうちになってしまった
不良姿勢を整えてみる・・・
こんな方も渡部治療院にはお見えになります。

院長が、正しい"気をつけ"(直立不動の姿勢)をして見せてくれますヨ。
リクエストしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私は、座る姿勢を意識するようになり、
冷蔵庫の扉を背に、肩・背中・腹を意識して、数分間立つようにしています。

見た目にも内面からも、きれいな背中、後ろ姿でいられますように・・・(^_-)








首と肩のズキズキする痛み

スタッフ西山です。

今年の夏は酷暑でしたね。お盆の頃、私は首から肩までズキズキと激しい痛みが起こりました。

渡部先生の薦めで、整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ、頚椎56番の間が狭く、ストレートネック気味なのと、肩の関節が緩い(ルーズショルダー)との事。加齢によるものと筋力の低下が痛みの原因になっているそうです。

レントゲン画像で自分の状態を確認しながら、原因を聞いて、痛みに対する不安は減りましが。

やっぱり、老化現象となるとショックですね。

3週間程の安静で痛みが治まりましたので、今は少しづつ、首と肩のインナーマッスルを鍛える運動を始めています。

自分がそんな年齢に差し掛かった事を自覚して、適度な運動も続けたいと思います。


第10回(相模原)市民公開講座

今日・・・もう昨日になりましたが(^^ゞ 相模原市鍼灸マッサージ師会の会長と二人で、相模原市役所の広報広聴課と地域保健課に行き、相模原市の広報に載せて頂くよう交渉してまいりました。

話しの行き違いがあり、10月15日の広報に載ることはできませんでしたが。

なんとか11月1日の広報に載せて頂くことが出来ました。

今年は節目の10回大会ですし、私も何とか盛大にと思っております。

しつこいようですが、また近くなりましたら詳細を載せますので皆様ふるってご参加ください。


携帯から予約が出来ます


渡部治療院では、携帯電話でモバイル会員登録をしていただきますと、
携帯から予約をする事ができます。

例えば
「今朝は腰の調子が悪いから、悪くなる前に行きたいな」
「来月の予約だけど、仕事が忙しくなりそう。もっと早く予約したい。」
など。
携帯で、予約の空き時間を確認したい時にも便利です。
(※初めての患者さんは、電話でご予約をお願いいたします)

電話でのご予約も受け付けておりますので、皆様のご都合にあわせてご利用ください。





第66回関東甲信越ブロック協議会・神奈川大会

9月15日(日)。横浜キャメロットジャパンホテルにて、第66回関東甲信越ブロック協議会・神奈川大会が開催され、参加してまいりました。

P1040350.jpg

前半は、あの有名な帯津良一先生の話しを聞いてきました。

P1040348.jpg

人生最後までトキメキが大事だと・・・・・・先生の人生の最後はこう迎えたいという話が大変面白かったです。内容は・・・・面白すぎてここには書けません(^^ゞ とにかくお話のとても上手な先生でした。

後半のシンポジウムは「鍼灸マッサージ師会の将来のビジョンについて」5人の先生方が講演しました。

どの話も非常に参考になりました。相模原市の鍼灸マッサージ師会も今のままではいけないという思いがふつふつと湧いてきました。

微力ながら、相模原市鍼灸マッサージ師会のために。そして相模原市民の方の健康のために。力になりたいと、あらためて思えるような一日となりました。

 


自分らしい姿で

受付の小佐野です。

渡部治療院は、院長をはじめ、スタッフ3人皆、
体に何かしらの不調や痛みをかかえているのですね。(^_^.)

私も、10年以上前に腰、昨年は首を痛めました。
レントゲン、MRIで自分の画像を見、知って、
今では、普段の生活、姿勢に気をつけたり、ストッレッチ(院長に教えてもらいました!)
などをし、痛みとうまくつきあっています。

不思議なもので、自分が痛めて、
整体、カイロプラクティックなどに興味を持ったことが、
ここで働けるようになった きっかけかもしれません。

皆さんが、少しでもHAPPYな気持ちになって、気分よく帰って行かれますよう・・・
笑顔で、私らしい姿で、お手伝いできれば、と思います。(*^_^*)

相模原市 鍼灸マッサージ師会 学術講習会

昨日。ソレイユさがみはらにて、平成25年度生涯研修認定講座

相模原市 鍼灸マッサージ師会主催で、学術講習会が行われました。

P1040328.jpg  

お題は「頸肩腕症候群に対する鍼灸治療」です。

平日とうこともあり、参加者は18名ですが。

齋藤先生の、西洋医学と東洋医学両面からの概説のあと。実際に頸肩腕部に症状がある人をモデルにしての実技。先生独特の擦鍼法と内容が非常に濃いもので。参加しないのが勿体ない内容でした。

P1040335.jpg

最後は参加者全員が実技も教わり、充実した時間になりました。


どなたにも来院しやすい治療院

渡部治療院の患者さんは、お子様からご年配の方まで様々です。

治療は1時間に1名のご予約ですので、お待たせする事はほとんどございません。
痛みを抱えて来院される方も安心してお越しください。

赤ちゃんや小さいお子様を連れて来院される方は、ご予約の時にお申し出ください。
待合室で過ごせるお子様でしたら、治療中女性スタッフがみております。
更衣室には、オムツ変えベッドの設置もございますのでご利用ください。

12

« 2013年8月 | メインページ | アーカイブ | 2013年10月 »

このページのトップへ