HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2013年10月アーカイブ

院長ブログ 2013年10月アーカイブ

腹巻

受付の西山です。
10
月は30度を越える日があったり、急に朝晩が冷えたり、目まぐるしい気温の変化で
体調管理が大変でしたね。今年は短い秋になりそうです。


私の冷え防止対策グッズは、腹巻、足首ウォーマ、五本指ソックスです。
足首ウォーマはいわゆるレッグウォーマの事です。
腹巻は最近、ボディウォーマーという名前で売られている商品もありますが、
私は薄手の目立ちにくい商品をこっそりと着用しています(ここで告白してしまいましたが(^^

腹部には大切な臓器があります。お腹を冷やしてしまうと、体はお腹を冷やさないように、
お腹に血流を集めようとするそうですよ。
そうすると、手指や足先等、末端の血流が悪くなり冷え易くなるそうです。
冷えは体に良い事はありません。

私はお腹が温かいと、なんとなく安心感があります。
冷えの気になる方はお試しください。

求められて生きる

受付の小佐野です。
院長ブログ(9/25)の「健康寿命」に関連して、私がこうありたいと思っていることは、
ずっと「求められて生きる」という事です。
"生涯現役"とか、"人に必要とされている"という感覚です。

真っ先に思い浮かぶ人は、聖路加国際病院名誉院長、理事長の日野原重明先生です。
102歳になられた今も、現役医師として、又、「いのちの授業」や講演をされ、
エッセーも書かれています。
日野原氏のおっしゃっている「自分には社会のために働く使命、ミッションが与えられている」
というチャレンジ精神に感銘を受けます。

どんなに年をとっても、自分のできる事を、自分のレベルでやってみる→やり続ける。
それが行動であったり、時には、ささえる言葉であったり・・・

夫婦ならば、ずっとお互いを求め合って生きていければ最高です。(^^♪


医療費控除

「治療費は、医療費控除になりますか?」

よく聞かれることの一つです。質問にお答えしますと。

答えは医療費控除になります。

私の資格は、鍼師。灸師。あん摩・マッサージ・指圧師という国家資格になります。

保健所にも必要書類を出して受理されておりますので、当院の治療費用は

医療費控除になります。領収書は取っておいてください(再発行ができませんので)。


足首の硬さ

受付をさせて頂いています望月です。

全身の施術を受けていますが、つい最近までは、先生から足首だけは柔らかいですよ、と言って
頂いたのですが、何日か前に、何もない平らな所で、足をひねってしまいまして、いつのまにか、
足首までも硬くなってやりきれない気持ちです。

そこで、ストレッチの始まりです。ちょっとつらい! 柔らかい時は簡単と感じたのですが・・・。
私は、膝があまり良くないので、通常の方が行うより、楽な方法を教えて頂きました。
頑張って続けなければ・・・元気で明るく過ごしたいですものね。

渡部治療院15周年

本日10月10日で渡部治療院も15周年を迎えました。皆様に応援して頂いて15年

本当に月日が経つのは早いものです。私も治療家になって23年が経ちました。

皆様の健康をコンサルタントして思うことがあります。

構造的なストレスや精神的ストレスを軽減する事が出来れば、皆さんの身体はかなり楽に動くようになるということです。

これからも、この二つのストレスを軽減させることを柱に、社会に貢献できるよう努力してまいりますので応援よろしくお願いします。


五本指ソックス

午前スタッフ西山です。五本指ソックスに、はまっています。

指の間の汗を吸収して、蒸れや臭いを抑え、冷えを防止してくれるそうです。履いてみたら実に快適で、普通の靴下は履きたくないほど。

最近はブームなのか、雑貨店、衣料品店、ドラッグストアなど、様々な店で見かけます。デザインも豊富で、女性用はオシャレな物もあるので、選ぶのが楽しいです。通信販売では、子供用の五本指ソックスも発見してビックリ!

夏は素足で履いていたパンプスは、汗で靴の中がぬるぬる、冷房で冷えるのが不快だったので、今年の夏は、パンプス用の薄い五本指ソックスを履いたら、長時間歩いても快適でした。サンダルを履くときは、指先が出る(切れている)五本指ソックスを履くと、見た目はまあまあかと思います。

外反母趾の知人女性が、自宅で過ごす時に五本指ソックスを履いたら、人差し指の上に親指が重なっているので、爪があたる部分の痛みが緩和されるし、汗を吸収してくれるので気持ちがいい、とおっしゃっていました。(ただし、滑らないように気を付けているとの事でした。)

五本指ソックスは指一本一本を包みこむので、足指に踏ん張りが利き、様々なプロスポーツ選手が愛用しているそうですが、最近ではゴルフやジョギング用など、一般の方にも浸透しているようですね。

私は足が小さいので、はずかしながら子供用の靴下を履いたりしていたのですが、指がしっかり入る五本指ソックスは踵がずれにくく、歩きやすいので、やめられません。

五本指のジョギングシューズを店頭で見かけました。不思議な形です(?_?)

また、変わった五本指ソックスを発見したらブログで報告しますね。


ストレスの治療方法

もう随分前になりますが、ストレスその1・その2と書いておいて、その先は書かないのですか?と聞かれましたので、その3ではないですがストレスの治療方法を紹介します。

以前、ストレスには5種類あることはご説明しましたが、一つ一つアプローチの仕方を紹介していきます。

1物理的ストレス(気圧・湿度・温度の変化など)

物理的ストレスは、圧倒的に体が冷えて調子を崩す方が多いです。ですから冷えに対するツボに鍼を使って治療することになります。使用するツボはその人の体調によって変わるので、絶対にこのツボというのはありません。

2化学的ストレス(大気汚染・騒音・お酒・たばこ・栄養過多・栄養不足)

化学的ストレスの治療法は残念ながらあまりありません<m(__)m>。栄養過多や栄養不足の方にそれぞれツボを刺激するくらいしかありません。一番厄介なストレスかもしれません。

3生物学的ストレス(細菌・ウイルス・カビ・花粉)

生物学的ストレスは、花粉症などに私の治療か限られます。花粉症は鍼に軽く電気を流して治療します。細菌やウイルスは見えるものではありませんので、手を洗うなどして予防していただくしかありません。

4構造的ストレス(骨盤・背骨の歪みなど)

構造的ストレスこそ私の出番です!(^^)! 全身をほぐし筋肉の異常な緊張を緩め、血流を促し自然治癒力を高めてから背骨の歪みを矯正し、骨盤の歪みも正していきます。

5精神的・心理的ストレス(不安・不満・怒り・悲しみ・恐怖・こじれる人間関係など)

精神的・心理的ストレスは第三者に喋ることで時にはそのストレスのレベルは半分になると言われています。治療は一対一でじっくりやっておりますので、ひたすら傾聴(けいちょう)します。

非常にざっくりとですが、こんな感じでストレスに対してアプローチしています。「ストレスをかかえていてつらい」という方は、一度私にご相談ください。

 


親が子を思う気持ち

受付の小佐野です。

習い事に親御さんが付き添い、子供の様子を見守る、という光景をよく目にします。
渡部治療院にも、治療を見守る親御さんの姿があります。

それは、野球教室やサッカークラブ、スイミングスクール、バレーボール部などで、
子供が訴えた違和感・不調・痛みに、本気で向き合っているものです。

院長もその声に真剣に耳を傾け、治療していきます。
それはまさに、院長ブログ(9/2)に書いているように、時間でもなく、回数でもなく・・・・

何回か治療に通われ、「一旦終了です」と院長のOKサインで帰られる親子の表情には、
不安から解き放たれた顔と、自信を持ってこれからも頑張ろうという意気込みが感じられます。

思わず、涙ぐんでしまう瞬間です。(T_T)

その親子が母-子である時は勿論ですが、父-子の関係であれば、なおさらです。

次に来院される時の成長は、どんなだろう・・・








1

« 2013年9月 | メインページ | アーカイブ | 2013年11月 »

このページのトップへ