HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年8月アーカイブ

院長ブログ 2014年8月アーカイブ

ストレッチの意味

8月23日(土)

この暑さと休み明けの週ということで、さすがに私も疲れが出ました。

全ての業務が終了したのが23時50分・・・・(^^♪

その日の疲れを次の日に持ち越さないのが私の主義。

そうです、時間がちょっと遅いですが30分のストレッチをしました。

現在疲れは半分以下です(^O^)

ストレッチの目的をみなさんはご存知でしょうか。

目的は二つあります。

①ケガなどの予防。

②使った身体のケア(お手入れ)。

①と②ではどちらが大切だと思いますか?

①という声が聞こえてきそうですが。

答えは両方大事・・・・・・・ですが。どちらかといえば②のほうが大事です。

 

みなさんは①はやっても②はほとんどやりませんよね!

やっても2~3分・・・・なんて話はよく聞きます。

疲れてそんな時間があるならゆっくり休みたい・・・という声が聞こえてきそうですが。

30分みっちりストレッチをすると(1日の最後にですよ)

次の日に疲れているということは殆どないのです。

 

「よ~し、ストレッチをやるぞ!」

と張り切って、いざやろうとしたがやり方がわからない人。。。

申し出てください。ご指導しますよ・・・勿論無料で!


人と人とのつながり

お盆休みが終わりました。
2年後の2016年8月11日は、「山の日」として国民の祝日になりますね。

渡部治療院の待合室には、開院時から掛かっている、写真家 栗林秀旭(しゅうき)氏の作品があります。
栗林氏の迫力ある写真の中で、院内のそれは、そうでないことに、私(受付 小佐野です)は、心をひかれてしまいます。

DSC_0987 (400x225).jpg



院長とはどういう間柄なのであろう・・・
どうやら、患者と治療師 という関係ではなさそうである。
人とは、どこで どのように かかわっているのか・・・
"その人を知らざれば、その友を視よ" なんて言葉もあるくらいだ。

栗林氏は、以前 相模原市陽光台に住んでおられ、現在は 山梨県精進湖 に移住されている。(渡部治療院待合室に置かれている 栗林氏の作品集による)

当時、「富士山を見るために」誕生した建物(場所)からの眺めではあるが、
自分が携帯で撮影した写真は、せいぜいこのくらい・・・(^_^;)
DSC_0944 (400x225).jpg

早朝の赤富士、
昼間の茄子紺色の富士山、
その人を知ることができた事に感謝し、
ある事に関心・興味を持ち、
また新しい人との出会いを 楽しみにしている(*^_^*)



夏期休診日のお知らせ

誠に勝手ながら、
8月13日(水)から8月17日(日)まで休診いたします。

休診日の間、携帯オンライン予約システムは稼働しておりますので、ぜひご利用
ください。正式な予約の確定メールは、8月18日(月)以降に順次させていただきます。
しばらくお待たせをしてご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦ください。

暑さもピークを迎えておりますので、こまめな水分補給を忘れずにお過ごしください。




1

« 2014年7月 | メインページ | アーカイブ | 2014年9月 »

このページのトップへ