HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年9月アーカイブ

院長ブログ 2014年9月アーカイブ

ダイエットのことでⅢ

ところで、みなさんはダイエットの最終的なゴールをどこに置いていますか?

 

 

ちょっと考えてみてください。。。

 

 

人それぞれでいいと思いますが。

 

私は、希望の体重まで痩せ続けること・・・とリバウンドしないこと・・・

だと思っています。ゴールはこの二つ。

 

一時的にダイエットに成功する人は結構いますよね。

 

しかし、リバウンドしないことを前提とするとダイエット成功者は

なんと200人に1人。

 

 

強烈な数字ですね。

 

私の周りでも、リバウンドしない・・・まで考えたときに頭に思い浮かぶ人がいません。

 

この難行に取り組むわけですから、相当の覚悟が必要です。

 

 

 

 

そこで一番大事になってくるのが、「なぜダイエットをするのか」

ダイエットの目的ですね。

 

これが一番のダイエットのキモです。

これさえできればダイエットは成功したも同然。

 

 

しかし、「~さんはなぜダイエットするんですか?」

と私が聞いても誰一人、私の質問にきちんと答えた人はいません。

 

だからみなさんダイエットに失敗してしまう訳ですΣ(゚д゚lll)

 

 

「なぜダイエットするのか」

 

これを明確にしてから、この難行に取り組むこと・・・・

言うのは結構簡単なんですが。実行するのが難しいんですよね。

 

明日以降、さらに細かく説明していきますが

今日はここまで!


ダイエットのことでⅡ

前回に続き、ダイエットのことです。

 

私は6年前、およそ200日で15kgダイエットした訳ですが。

リバウンドもありません(ちょっと自慢してます)←(笑)

成功した理由を聞きたくないですか?

 

聞きたいですよね・・・・順を追って説明しますね\(^o^)/

 

みなさんは、ダイエットの最大の課題はなんだとおもいますか?

 

ちょっと考えてみてください・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

なにかおもいついたでしょうか。考えてから続きを読んでください!

 

私は、ダイエットは続けられなければ意味がないと思っています。

では、なぜ続けられないのか!

それは、我慢ばかりして楽しくないからです。

 

楽しいと感じることができて、これなら続けられるという方法を探すことが、

一番の課題なのです。

 

続けられることと、楽しいと感じることは人それぞれですが。

 

私が続けれれたノウハウを明日以降書いていきますが。。。。

今日はここまで!!! 


ダイエットのことで

最近ダイエットのはり治療はやっていますか?

(またテレビかなにかでやったんでしょうかね?)

という質問が多いので、思うところを書きたいと思います。

まずご質問の答えですが。

当院では、痩身<そうしん>治療(やせるちりょう)はやっておりません。

 

しかし、私自身6年前にかなり本格的に

ダイエットに取り組んだ経験があるので、ご相談にはのります。

電話での対応が難しいので、当院ホームページ

お問い合わせより、メールにて質問いただければ無料でサポートいたします。

明日以降、ダイエットの概要を簡単に書きますのでお楽しみ!!!

 


相模原市 学術講習会

9月7日の神奈川県の学術講習会に続き、9月11日は

相模原市 鍼灸マッサージ師会主催の学術講習会

平成26年度の生涯研修認定講座をボーノ相模大野(ユニコムプラザ)

で開催しました。

平日にも係わらず、多くの方にご参加頂きました。

P1040905.jpg

P1040907.jpg

講師の谷内先生の名人技が冴え渡りました!!!!

ちょっと分かりづらいアングルでスミマセン!

 

先生から教わった、ツボの名前はないが

頚根(けいこん)

本日早速使ってみましたが、効果抜群です。。。。

まだまだ勉強が足りないと痛感してますが、これからも頑張ります!!!

相模原市民の方の健康のために(^O^)


学術講習会

9月7日(日) 東戸塚の学校にて学術講習会を受講してまいりました。

P1040897.jpg

相模原市からは3人の参加とちょっと寂しい人数で、「みなさんちょっと外にでて

学んでみませんか!」と叫びだくなりました!!!!!!

それはさておき、内容ですが。

第1部は 稲富正治 先生の「相談援助技術」

稲富先生はなんと相模原にお住まいということで、物凄く親しみやすい人柄に

加えて地元相模原と聞き、とっても親近感が湧きました(^O^)

講義の内容は、クライエントの攻撃や怒りは、カウンセラーへの依存や「SOS」である。

という非常に興味深いもので、私自身もとてもうなずける部分が多く、大変勉強になりました。

第2部は 林秀卓 先生の「介護予防と認知症」~認知症とタッチケア~

実際に2人ひと組となりタッチケアを体験しましたが、大変気持ちの良いものでした(^O^)

認知症の人だけでなく、一般の方にも十分使える手技なのではないでしょうか。

 

第3部は 朝日山一男 先生の「スポーツ現場での鍼灸マッサージの注意事項Ⅰ」

陸上競技などのサポートであり、あくまあでも応急手当であり、治療は病院や

各治療院で!というスタンスであるということ。

スポーツを通じで、鍼灸マッサージを一般の方に理解してもらうこと!が目的のようです。

 

鍼灸マッサージ師のこのような実績を理解していただき、

スポーツ現場での我々の必要性をうったえることで、2020年の東京オリンピック

への参加も視野に入れているということでした。

 

3部とも非常に熱のこもった講義で、大変勉強になりました。

この熱を、地元相模原にも浸透させたいと思っております。。。

 


腰痛 (慢性)

最近、慢性の腰痛の方から「なぜ朝具合が悪いのですか?」

と質問されることが多いので、お答えします。

 

腰痛に限らず、慢性の痛みに多くみられるのですが。

慢性の痛みの場合、長い時間体を休めると。

ジワジワと、炎症物質や発痛物質や痛みの伝達物質などが出てきます。

夜、朝まで寝るとその兆候は一番強く出るようになります。

 

ですから、夜ゆっくり体を休めたはずなのに、朝から腰が痛いということになるのです。

ほとんどの場合、20~30分もすれば、体の血流が良くなってきて、

炎症物質などは流されて痛みもなくなります。

 

ですから朝、20~30分くらいは急な動作はさけて、軽いストレッチなどをするのもよいでしょう。

また、朝この魔の時間帯(起きてから20~30分)を無難にやり過ごせば

腰痛再発・・・なんていうこともありませんし、この痛みいつまで続くのだろう!

なんていう不安に襲われることもありません。

慢性の腰痛を持っている方は、この仕組みを是非覚えて

ご自分で対策を立ててください。

対策が分からないという方は、ご気軽にご相談ください。


野球

軟式の高校野球が話題になってますね!

 

ピッチャーの球数が多くて、肩や肘が心配ですが、

硬式の野球の場合と比べると、ボールの重さが違いうので

なんとかなっちゃうのかな~・・・と思ったりしてます。

 

とは言っても4日でおよそ800球近く投げているのは、

大丈夫かな~と、やっぱり心配になってしまいます。(治療家としては)

 

何年か前から小学生と中学生の硬式野球クラブの子供たちの治療をしていますが。

軟式でやっている子供と比べると、肩でも肘でも明らかに治りくいです。

おそらくボールの重さがその原因だと思います。

 

 

今回の延長50回を見ていて思いましたが。

硬式の指導者の方が

「やっぱり沢山投げられるんだ」

なんて変な勘違いを起こさないで欲しいと、ちょっと心配になっております。

 

硬式野球を教えている指導者の方たちにも、ボールの重さの違いを

認識して頂きたいと切に思いました。。。


1

« 2014年8月 | メインページ | アーカイブ | 2014年10月 »

このページのトップへ