HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2014年11月アーカイブ

院長ブログ 2014年11月アーカイブ

お問い合わせ・ご相談はこちらから

渡部治療院から、一つお詫びが有ります。


「お問い合わせ・ご相談はこちらから」のバナーより
メールを頂けるシステムになっておりますが。

少しの間メールの返信ができません。

PCの故障によるものです。


皆様にはご迷惑をおかけしますが、いましばらくお待ちくださいませ。

ダイエットに欠かせない5つのステップ

10月6日から大分空いてしまいましたが
ダイエットの続編です。


題して
「ダイエットに欠かせない5つのステップ」


なんだか書籍の題名みたいですが、
私が実際に経験したダイエット方法を5回に分けて説明していきます。


今から6年前、散歩中に古傷の右膝を痛めて決心したダイエット。
今現在もリバウンドは殆どありません。

ダイエットは、目標の体重まで痩せ続けること。5年経ってもリバウンドしないこと。
この二つの条件を付けると、成功者はなんと200人に一人(ちょっと自慢してますね)(#^.^#)

何が言いたいかというと。

それだけ、成功させるのは難しいということ。

ことダイエットに関して巷では。「簡単に」「誰でも」・・・・
いかにもたやすくできる言葉があふれていますが。。。

実際は相当な覚悟が必要という事です。


前回のブログでも言いましたが。一番重要なのは。


「なぜ、痩せたいのか」


これにつきます。

これが弱いと続きません。

ちなみに私の場合はこのなぜは二つ。
太り過ぎて膝が痛いままでは大好きなスキーができないから。
もう一つは、健康を扱っている仕事をしている人間が、太っていては
示しがつかないから。

スキーがしたい。
医療人として恥ずかしい体型でいたくない。


この思いが、強かったから成功できたのです。


みなさんの「なぜ」はどのようなものでしょうか?


さて、5つのステップの一つ目にいきます!

5つのステップその1

1.毎日口に入れたものを全て書く(水・お茶はのぞく)

2.朝トイレの後、体重を測る。(できれば体脂肪がでる体重計がよいです)

最初は記録を取るだけ。
これだけです。

絶対に食べることを我慢しない。(ばくばく食べてよい)

※実際の私は、6000㌔Cal位とっていて、書くのが嫌になり食べるのを止めた記憶があります。
今、6年前の記録を見てビックリしてます(^^♪

次回は5つのステップその2です。。。またいつになるか分かりませんが(^^♪

第11回相模原市民 公開講座

11月16日(日)

ボーノ相模大野(ユニコムプラザ)にて

講師に、林秀卓 先生をお迎えして。

第11回 相模原市民公開講座を、鍼灸マッサージ師会主催で行いました。


P1040935 (400x300).jpg


前半は東洋医学を応用した健康つくりということで
「経絡ストレッチ」をやりました。

P1040940 (400x300).jpg


後半は、「転倒予防エクササイズ」ということで5つの筋肉を鍛えてもらいました。

P1040945 (400x300).jpg


最後は役員と林先生と記念撮影です(#^.^#)

市民の皆様、お忙しい中お越し頂きありがとうございます。

講師の林先生、昨年に引き続きありがとうごじます。

皆様のお役にたてるよう今後とも努力してまいります!




市民公開講座

お知らせです。

第11回相模原市 市民公開講座

日時:11月16日(日) 14時~16時

会場:ユニコムプラザさがみはらセミナールーム1

講師:林 秀卓  先生(神奈川県介護予防研究委員委員長)

内容:「経絡ストレッチと転倒予防エクササイズ」~東洋医学を利用した健康つくり~

※参加費は無料です!!!

申し込み先:相模原鍼灸マッサージ師会事務局(相模在宅療養センター内) 

電話042-700-2682まで

 

まだまだ空きがございますので皆様奮ってご参加くださいませ! 

P1040924.jpg                

 

 


移転して2周年

渡部治療院は、相模原市上溝から ここ小町通に移転して、
10月31日で2年を迎えることができました。
皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

最近は、オンライン予約を利用して下さる方も増えてきました(^_^)v
が、自分としては、2年目は惰性で過ぎてしまって、反省すべき点が多くありました。


皆様には、
"渡部治療院に治療に来てよかったな" と思ってもらえるよう
院長には、
治療に専念できるよう
きちんと耳を傾け、微力ながらお手伝いできれば・・・と思います。

これからもよろしくお願いいたします。  (受付 小佐野)

                          



1

« 2014年10月 | メインページ | アーカイブ | 2014年12月 »

このページのトップへ