HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2015年10月アーカイブ

院長ブログ 2015年10月アーカイブ

移転して3周年

10月31日
渡部治療院は、みなさまに支えられ、移転して3年を迎えることができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

上溝 でやっていた頃から、ずっとおいでくださっている方・・・
ここ小町通 に移ってから来院してくださっている方・・・

選ばれし治療院 として続いていきますように。
静か~に 今日を過ごしております。


揺るぎない信念を持って、
人から人 へと繋がっていき、そして、
深い意味の 寄り へと。  (受付 小佐野)

今の仕事をやっている理由

ある人に、渡部さんは

「なぜ今の仕事をやってるんですか?」

「なぜこの相模原の地をえらんだのですか?」

と聞かれまして、改めてよくよく考えてみました。

 

 

まず、「なぜ今の仕事をやっているんですか?」

ですが。

 

自分が柔道をしていた小・中・高校生時代、

怪我が多くて思うように柔道ができなくて、非常に歯がゆい思いをしました。

 

「肘が痛くなかったらなぁ」「膝が痛くなかったらなぁ」「腰が痛くなかったらなぁ」

何度そう思ったことでしょうか。

 

高校3年生の時、ちょうど今くらいの時期だったと思います。

今度は自分がそれを治す側に回って、同じ事で苦しんでいる人を助けてあげたくて今の仕事を選びました。

 

それと同時に、誰かの役に立ちたい。

そう思うようになっていきました。

 

これが私の原点です。

 

 

途中、5年間ほどサラリーマンをやって、ちょっとだけ遠回りしましたが。

結局今の仕事(治療家)についています。

 

 

 

今は、特にスポーツ選手ということでもなくて、

多くの人の怪我や未病を予防したり、

具合の悪いところを改善させるお手伝いをしたり、

ということに力を入れています。

 

もちろん、心のサポートにも力を入れています!

 

 

 

「なぜこの相模原の地を選んだのですか」

ですが。

 

生まれ育った土地だからです。

 

 

皆さんも生まれ育った土地には愛着がおありだと思いますが

私も一緒です。

 

 

こんな原点を忘れることなく、頑張ってまいりますので

今後とも、よろしくお願い致します。


地域健康つくり指導者

昨年とった資格なのですが、

修了証と認定証が届いたので(ちょっと前には届いていましたが)

アップしておきますgood

P1050582.jpg

P1050589.jpg

相模原市民の方の健康をサポートできれば!

と思っています。


生涯研修修了証書

先月ようやく、26年度の生涯研修修了証書を頂きました。

P1050581.jpg

 

結構な時間研修を受けないと頂けないしろもので、

しかも、講習会場は殆んど横浜や川崎や鎌倉と遠いところばかりwobbly

この研修で学んだことを、ここ相模原の地に根ずかせたいと思う次第です!(^^)!

 

 


神奈川県鍼灸マッサージ師会 学術講習会

10月4日(日)

横浜市技能文化会館にて

神奈鍼主催の学術講習会に参加してきました。

P1050577.jpg

 

第一部は「地域連携の基本」~医師との連携技術~

という演題で、講師の長谷川先生の熱のこもった講義で大変勉強になりました。

 

特に、チーム医療のなかに入っていくために

医師が使う専門用語を覚えることや、薬のことを知ること、レントゲンやMRI検査が

どういう時に必要なのかを我々鍼灸マッサージ師が理解して

医療機関につなげる必要があることなど。

患者さんにとって有益な治療になる様に努力することとする。。。

という部分は、物凄く共感いたしました。

 

私も更なる努力を重ねる必要がありそうです!

 

第二部は「地域包括ケアシステムの中で鍼灸マッサージ師に期待する事」

という演題で、厚生労働省老健局振興課地域包括ケア推進官の髙橋様

に今後の方向性についてご説明頂きました。

 

今後、ますます超高齢化社会になる日本が

どのように高齢者の方と関わっていくのがよいのか

まだまだ道は見えませんが、前を向いて医療機関や行政と

スクラムを組んで進んでいかなければならないと強く思いました。


1

« 2015年9月 | メインページ | アーカイブ | 2015年11月 »

このページのトップへ