HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2015年11月アーカイブ

院長ブログ 2015年11月アーカイブ

『感情的にならない本』

増刷が33万部を超えているので、
精神科医 和田秀樹さんの著書 『感情的にならない本』 から思う
変わった見方 ・・・   受付 小佐野です。

「不機嫌な人は稚に見える」 というサブタイトルに はっとして、
辿って、辿って、たどって・・・・・

DSC_0661_R.JPG

感情というのは、押されれば押し返そうとする。
堺 雅人さんが主演したテレビドラマ、まるで違う2つが、ふっと浮かぶ・・・
片方は、エンドロールで、"和田秀樹 協力" の文字が映し出されていた。



前回の院長ブログ(2015.11.19)でも、感情について触れている。
又、偶然にも、11月22日の朝日新聞【広告特集】でも、
木佐彩子さんが、 夫 石井一久さんのことを語っている。
無駄なパワーをお互いのことでは使わない。
勝負師なのに、感情の波がない、 と。

朗らかで、上手に感情的になれる人 であるよう・・・



漢字の由来・成り立ちは、単純なものではないが、分解してみると、なるほど。
吐 という字から、マイナス(-)要素を引くと、(願いは)叶う。
好きな人に わざとつれなくする ねる は、
 が入っていても  いいのかも・・・(*^_^*)





エネルギーと見立てる

こんばんは。

渡部治療院の渡部です。

(写真を入れないとフェースブックに違う画像が張り付いてしまうので

文脈と関係ないですが一応この写真を導入しておきます)

P1030948.jpg

 

 

 

 

最近特にみなさんをみていて、私が思うことの一つに。

みなさんが、心(脳)のエネルギーを無駄に消費しちゃってるなあ

って思う時が多々あります。

 

エネルギーってなに?

かといいますと。

 

エネルギーは イコール 意欲とかやる気

だと思ってください。

 

 

そのエネルギー、ザックリ分けるとこんなものに使われる感じです。

知恵・アイデア・ノウハウ・出会い・才能・運・お金・・・・

中でも一番多く使われてしまうのは・・・感情です。

 

この感情の無駄遣いが実に多いです。

エラそうに言ってますが、私も感情の無駄遣いが多いです(^^

 

例えば、こんな感じです。

・この仕事納得いかないモン!

・取引先の親会社の人がムカつく!

・子供に、〇〇やっておいて、と頼んでおいたけど、子供がやっていなくて怒った。

などなど。

 

他にもよろこび過ぎも実はエネルギーが漏れます。

 

感情的になるとエネルギーが漏れて、脳(心)が疲れるのです。

これが疲れの原因だったりするのです。

 

 

では、このエネルギー(感情)の漏れを

どうやってなくすのか。

 

 

いろいろと方法はあると思うのですが。

 

私は感情ボックスなるものを使って漏れを少なくしています。

 

 

方法は

自分の右肩の上あたりに(左でもいいですよ)ふたが付いた

ボックスがあると見立てます。

 

そのボックスのふたを開けて、そこに

怒りの感情をしまう感じです。。。(よろこび過ぎもですよ)

 

 

そうすると、かなり感情の漏れ(エネルギーの漏れ)を防げます。

 

 

エネルギーと見立ててみたり

感情ボックスと見立ててみたり

 

なんだか実際に存在するわけではないのですが、

見立てることにより、楽でいられるのですから

使わない手はないですよね。。。


市民公開講座

11月15日

ボーノ相模大野にて

講師に林秀卓 先生をお招きして

第12回 相模原市民公開講座を開催いたしました。

 

前半は「経絡ストレッチ」で

身体の動きが変わるという事を確認して頂きました。

P1050603.jpg

 

後半は、認知症予防運動(コグニサイズ)を

P1050612.jpg

 

林先生が、参加者の方のレベルに合わせた形にして

 

P1050610.jpg

 

頭と身体を両方使った運動で、みなさん程よく汗を流しました!

 

 

頭と身体を同時に使うと、

そんなに運動していないのに、物凄く疲れました!!!

 

 

最後に林先生と相模原師会の役員とで記念撮影です

 

P1050617.jpg

 

次回は、相模原市緑区で開催予定です

おたのしみに!!

 

 


次の次元に進みましょう!

こんばんは。

渡部治療院の渡部です。

(写真を入れないとフェースブックに違う画像が張り付いてしまうので

文脈と関係ないですが一応この写真を導入しておきます)

P1030948.jpg

 

10月から、

ついに渡部治療院のメルマガを配信し始めましたが。

それには二つのメッセージが込められています。

 

一つ目は

「心身ともに健康を目指す」

 

二つ目は

「みんなで次の次元にすすもう」

 

というメッセージが込められています。

 

詳しくは会員登録された方にしか配信してませんので。

興味のある方は、まずはこちらからご登録ください。

URL:http://watanabe-chiryou.com/

 

携帯やスマホからご登録いただけますが。

環境設定の仕方でご登録いただけない方もいらっしゃいますので

ご容赦ください。


専門書

今日は専門書を求めて新宿紀伊國屋に行ってきました。

 

午前中の11時20分に相模原を出て

本を買い、途中お昼を食べて

午後2時40分には相模原の自宅に帰ってきてました。

 

しかも相模原駅からは徒歩です。

 

3時間で新宿往復。

電車のアクセスがよくなって都内も本当に近くなりました!(^^)!

P1050592.jpg

P1050593.jpg

さてさて、お勉強しますかね!


心身共に健康とは

P1050399.jpg

心身共にと考えた時に。
身のほうは=身体(からだ)だとわかると思うのですが。

...

心って何でしょうか?
心=心臓・・・・・ではありませんよね。
心=脳ですよね。

脳で考え、脳でいろんなことを思う訳ですよね。

最近特に思うのですが。
この脳(心)が疲れ切っている人が物凄く多い気がします。

そして、心と身体のバランスを崩してしまって
必要以上に疲労の回復が遅れてしまうというケースです。

例えば。
お仕事が一日中パソコンでのお仕事で、
身体をほとんど使いません、という人がいたとします。

するとどうなるかというと。
脳(心)は疲れきっているのに、身体は元気なわけです。

なのに、なぜだかみなさん今日は疲れたからといって
身体を休める人が多いのです。

脳(心)が疲れているのに、身体を休めても
身体が元気になるだけで、脳(心)は疲れたままなので、
心身のバランスはますます悪くなります。

つまり、朝起きても全然スッキリしていないのです。

では、どうすればよいかというと。
このケースでは、単純に運動して身体を疲れさせて
脳(心)の疲労具合と身体の疲労具合を一緒にさせてあげればよいのです。

人間、心(脳)と身体が同じくらい疲労すると
ぐっすり眠ることができて、翌日両方一緒に疲労回復するようになっております。

と言ってもいきなりハードな運動をする必要ははりません。
軽い運動からで結構ですので、やってみることをお勧めします。

運動が嫌いだという方は渡部治療院に来てください。
お金はかかりますが、疲労回復のお手伝いをいたします(^^♪

日頃、身体を多く使ってお仕事されている方はこの逆をすればいいです。
夜に読書などをすれば最高だと思います


第12回市民公開講座

日時:11月15日(日)午後2時~4時まで

場所:ボーノ相模大野・ユニコムプラザさがみはらセミナールーム1

講師:林秀卓 先生  をお迎えして

市民公開講座を行います。

 

内容は、「経絡ストレッチと認知症予防のための運動療法」です。

 

主催は相模原市鍼灸マッサージ師会

後援は 相模原市  (一社)神奈川県鍼灸マッサージ師会

 

P1050591.jpg

 

皆さんにご参加頂きたいと思っておりましたが

広報に載せて頂いたこともあり

すでに定員に達してしまいご参加いただけない現状です<m(__)m>

次回は橋本のソレイユさがみで予定しておりますので。

もう少し早くアナウンスしますので、よろしくお願いします


高校球児が相模原にお店を!

昨日は娘を連れて

相模原市中央区横山にできた焼き鳥・焼きトンのお店

「大谷商店」に行ってきました。

11219338_695308587272252_6817178297795353167_n.jpg

 

高校球児のころの彼は、とにかく真面目で

ストレッチを教えればそれをきちんとやる。

 

肩を痛めた時も、ゴムチューブでのリハビリを教えれば

それをきちんとやる。患者としては100点満点で

とにかく真面目で、しかも何事も丁寧にやる

少年でした。

 

 

お店に入ってから出るまでに感じたこと。

高校球児のころの彼のよいところ真面目で丁寧そのままが

彼のお店に溢れていました。

勿論、美味しかったです。

私が応援するまでもなく、既に人気店になってきているようで

行く時には予約が必要のようです!


1

« 2015年10月 | メインページ | アーカイブ | 2015年12月 »

このページのトップへ