HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2017年11月アーカイブ

院長ブログ 2017年11月アーカイブ

血流と乾燥肌

こんにちは。

相模原市中央区小町通の渡部(わたなべ)治療院です。

P1030948.jpg

 

今日は、「血流と乾燥肌」というお題でお届けします。

 

血流が悪いから乾燥肌になる・・・という説と

 

乾燥肌になるから血流が悪くなる・・・という説があって

 

私としてはどちらも正しいのではと思っています(^^♪

 

血流が悪くて肌が乾燥するのは、

肌の新陳代謝が乱れるから。

新陳代謝は栄養によって正しく機能します。

 

栄養は血液に乗り肌へと送られるのですが、

血行が悪いとスムーズに送ることができません。その為、

栄養が足りなくなった肌は、乾燥肌となるのです。

しかも、栄養は脳や臓器が先に受け取り

肌へは後回しになります。

しっかり栄養を摂り血行を良くしないかぎり、乾燥肌の改善は遠くなるばかりです。

 

血流を改善するためには。

バランスと乗れた食事と

運動が鍵を握るわけですが。

 

どちらも意識しないとできないでしょうかね。

 

運動は、激しいものは必要ではないので。

ウォーキングがお勧めです。

1日30分くらいがいいでしょう!

 

食事はバランスが重要ですが。

なかでも発酵食品を多くとると良いかと思います。

 

なぜ発酵食品が良いかというのは・・・・別の機会にしましょう!(長くなるので)

 

というのが

血流が悪いから乾燥肌になる・・・という説の説明です。

 

一方の、乾燥肌になるから血流が悪くなる・・・という説

空気が乾燥していると、思っている以上に

身体の水分は取られてしまいます。

 

身体の乾燥が進むと同時に、代謝も下がっていることが多く。

その結果、

熱を運ぶのが仕事の一つである血流が悪くなります。

 

そうすると、熱が行き届かなくなり

当然身体は冷えてしまいます。

 

たかが乾燥!と思っていたら

血流が悪くなり冷えになるのです。

 

これに気付くには。

尿の色を自分でみてもらう事。

尿の色がいつもより濃いようだと

身体の水分は不足して身体は乾燥しているということです。

 

あと、便秘にもなりやすくなるので注意が必要ですかね!

 

それと、これは女性必見ですが。

目の周りに小じわが寄る・・ほうれい線がでる・・・

などの見た目の変化も出てきてしまいます。

 

たかが乾燥と思っていると思わぬ結果になるわけです。

怖いですね(''_'')

 

この乾燥を防ぐには。

水分を小まめに取ること!

です。

一気に飲むとおしっこで出ていって水分補給になりません!!

あくまでもちびちび飲んで下さい!

 

結局、卵が先か鶏が先か!

と同じで、どちらが先でも

対策は同じです。

 

ポイントをまとめると

バランスと乗れた食事と適度な運動

(発酵食品を多くとり・1日30分のウォーキング)

 

と水分を小まめに取るです

(水分は水がベストです、冷えを防ぐためにも白湯がベストです)

ということです。

 

思い当たるふしがある人は

実践してみてはいかがでしょうか!


第14回市民公開講座

こんにちは。

相模原市中央区小町通の渡部(わたなべ)治療院です。

 

11月19日(日)

ユニコムプラザさがみはらセミナールーム1にて

 

第14回市民公開講座を開催しました。

 

講師に

林秀卓先生をお招きして

前半は「経絡ストレッチ」

後半は「骨盤底筋体操」

をして頂きました。

 

まずは「経絡ストレッチ」のシーンです。

CIMG0272_R.JPG

頚(くび)を前に倒すのが辛い時に。

腕の後ろ側の経絡を伸ばし

頚を前に倒すのを楽にするストレッチです。

 

ライブ感が伝わらないのが残念ですが。

この後、会場の多くの方が

頚(くび)を前に倒すのが楽になっています(^_-)-☆

 

続いて骨盤底筋体操!

これは尿漏れを防ぐ体操ですね。

CIMG0277_R.JPG

ちょっと伝わりにくいでしょうか(^^♪

 

林先生の説明にも熱が入っております!!

CIMG0267_R.JPG

 

最後は、林先生と

役員で記念撮影です(^^)/

CIMG0281_R.JPG

 

今年も、多くの相模原市民の方々に

喜んで頂けたのではないでしょうか!

また、お役に立てればと思います。

 

当日ご来場された方々が

明るく、温かく、軽く、元氣になりますように!!


1

« 2017年10月 | メインページ | アーカイブ | 2017年12月 »

このページのトップへ