HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2018年3月アーカイブ

院長ブログ 2018年3月アーカイブ

キネシオテーピング講習会

こんばんは。

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

 

渡部(わたなべ)治療院です。

P1030948.jpg

 

本日・・・もう昨日ですが(^^♪

相模原市体育協会主催の

スポーツセミナー

キネシオテーピング講習会に参加してきました。

 

講師の朝日山先生のお手伝いも兼ねていましたが。

参加者のみなさんと学ばせて頂きました。

 

テーピングの講習会だったのですが。

参加者の皆さまの年齢が

少し高めだったこともあり。

 

朝日山先生のとっさの判断で、

(体育館が寒かったのもありますが)

前半は、介護予防の話しも絡めて

身体を動かしました。

 

高齢になり、寝たきりになる大きな原因として。

姿勢保持筋が大事であること。

 

なかでも

背部脊柱起立筋。

臀部の筋。

大腿四頭筋。

下腿三頭筋。

が大事であることを市民の方にわかりやすく伝えて。

 

それらを動かす運動を取り入れました。

 

まず、下腿三頭筋。

これはカカトを上げ下げします。

この時に、ついでにふくらはぎの前側の

前脛骨筋も鍛えると

つまづいて、転倒・・・などということも防げるので。

カカトを上げたあと

つま先をあげて、交互に運動するように指導していました。

 

続いて、大腿四頭筋と臀部ですが。

これは皆さんご存知のスクワットです。

 

注意点として

膝を曲げた時、

自分の膝がつま先より前に出過ぎないように

お尻を後ろに引くように膝を曲げるという

指導方法が、皆さんにとても分かりやすかったようです。

 

(臀部はかかとを上げる時に、お尻の穴を、キュっと締めると

一緒に鍛えられますので!!)

 

そして、背部脊柱起立筋ですが。

これは歩行でも、腕を良く振って歩くと鍛えられるので

とくに背筋などをしなくてもよいということでした。

 

朝日山先生の長年の研究によると。

どれも回数は30回が目安だそうです。

 

そして歩行時に、腹筋をしめるように

意識して歩くと、腹筋のインナーマッスルも

一緒に鍛えられてよいという事でした。

 

歩行は30分以上が理想ということでした。

 

歩行は、鬱や認知症の予防にも繋がるケースが

多く見られるということで、絶対に欠かせないと

強くおっしゃっておりましたので、皆さんも

なんとか時間を作ってやってみましょう!

 

そして、おそらくですが。

皆さんに一番強く印象に残ったであろう。

動物と人間の違い!

 

人間は汗をかく!!!

 

汗をかくから、長い時間労働ができたり。

運動が出来たりするということ!

 

汗をかかなくなって、高齢期を迎える事で

いろいろな弊害出てくるという話しは。

覚えておいて損はないのでは!

と思いました。

 

だから、

一日30分以上運動する事。

30分以上身体を動かせば、必ず汗が出る。

汗を出す習慣が、鬱や認知症を予防する

一番の方法のようです。

 

 

後半は、キネシオテーピングを

巻いたのですが。

なかなか皆さんには難しい面があるようですね。

 

毎日触っている私でも

ヒールロックや

フィギアエイトは難しいですから(^^♪

 

それでも

講習会が終わるころには

皆さん笑顔になっているのをみて

朝日山先生の講義の上手さに

感心しきりの一日になりました!

 

 


楽しむとは

こんにちは!

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

 

P1030948.jpg

 

 

今日は、「楽しむとは」というお題で書いてみたいと思います。

 

本当に楽しむとはこういう事なんじゃないか!という内容にしたいと思います。

 

 

ある記事の中にこんな事が書いてありました!

 

 

ラグビー大学選手権、9連覇達成!

 

主将、堀越 君の言葉

「我慢の時間が長かったが、きついとか苦しいとか思うのではなくて、

厳しい時間を楽しむという事を全員で信じて実践できた。

その結果が優勝という形になって表れて本当にうれしいです」

 

 

まず、大学選手権9連覇自体が凄いのは勿論ですが。

(あの箱根駅伝の青山学院大学でさえ4連覇ですから)

ここに至るまでの過程はどうだったのだろうか?

と思いを巡らせてしまいました!

 

 

 

ラグビーの練習ですから、

楽々と楽しい事ばかり・・・とは想像しにくいですよね。

 

きっと歯を食いしばり、

根性・根性・ド根性と唱えて

苦しい練習に耐えているに違いない!

そう思わずにはいられないのですが。

 

そのラグビー選手の口から、

「きついとか苦しいと思うのではなく、厳しい時間を楽しむ・・・」とは

一体全体どういうことだろうか?

 

 

記事によると、

帝京大学ラグビー部の現在のテーマは

「楽しむ」ことだそうで。

従来通りの体育会系の部活動ではなさそうなので、

思わず私は耳を疑ってしまいましが。

 

どうやら、普段からこのテーマを実践しているらしいのです。

 

 

ラグビー部の監督さんの言葉がこちら!

 

「人間は、今取り組んでいる事に楽しさを感じる時、能力を存分に発揮できる。

自分が置かれている状況を苦しいと思うか、楽しいと思うか、何も感じないかは、

本人の感性と解釈次第だ!」

 

 

と書いてあった。

 

 

ゴリゴリの体育会系で育ってしまった

私たちの世代としては、異次元の言葉である。

 

どうやらこの9連覇の裏に。

従来通りの体育会系とは違う世界があるに違いなさそうです。

 

 

監督さんの話はさらにこのように書いてありました。

 

「監督に就任して、10年は勝てませんでした。

何かがいけないということに気付き、従来通りの

あれやれ、これやれとう指示命令をするのを辞めました。

指導する側が、質問力を磨き、選手自身に考えさせるスタイルに変えてから

徐々に勝てる様になっていきました・・・」

 

というようなことが書いてありました。

 

 

そして最後に、

人間、楽しいことだから続けられるし。

苦しいと思えるような事でも、楽しいとおもえるように

工夫することが大事である・・・と締めくくられていた。

 

 

私も含めて。

多くの人達が、楽しい・・・

の本当の意味を間違えていたのかも知れないと

思いました。

 

 

皆さんにとって、楽しい

とはどのような事でしょうか?

 

 

私は考え方を改めようと思います!!!

与えるという機会を頂いて

こんにちは!

 

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

P1030948.jpg

 

 

ここのところ、

認知症予防や転倒予防など

特に高齢の方向けの、健康教室のご依頼を頂く機会が増えてきましが。

 

実は、初期のころは、

相模原鍼灸マッサージ師会で

高齢者向けに健康体操をやって、

地域包括ケアシステムに

参加する意思を見せよう!

 

というような趣旨で

相模原師会でやっていこうという方向で

話はすすんでいました。

 

 

※そもそも地域包括ケアシステムとは

「団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。」 とうものなのですが。

 

良い事なんじゃないの!

と思った私も、師会で活動する事自体には

賛成したわけです。

 

 

もともと、私は自由診療だけでやっている関係上、

ケアマネージャーさんや、高齢者支援センターさんとの

かかわりは無く、

本来、保険で訪問マッサージをされている

先生方が、直接ケアマネージャーさんや高齢者支援センターさんから

訪問マッサージの依頼を頂いているので、当然

健康体操の講師をやってくれるものだとばかり思っていました。

 

 

しかし、蓋を開けてみると、

健康体操を誰が教えるんだ!

という始末。。。

 

まさか私自身が

その講師となり、予防運動を指導する事になるとは

思ってもいませんでした。

 

 

もともとは、市民公開講座を5回やって頂いた

林先生のサポートをしようと思って

「地域健康つくり指導者」なる資格を取ったわけですが。

 

資格を取った途端に

「資格があるんだから、相模原で渡部先生が講師をやってよ!」

となった訳です。

 

 

内心、

「なんで俺がやらなきゃならないんだよ!

保険で訪問マッサージしてる人たちが

自分でやれよ!」

 

と思っていました。

 

 

やるとなれば、結構準備も大変だし。

休日も潰れるわけです。

 

 

はじめは貧乏くじ引いちゃったなぁ~と

正直思ってました。

 

 

まあ、周りを見渡しても、

他にやれそうな人もいないし、しょうがない

やってやるか!

 

なんていう超上から目線でした(^^

 

 

やるとなったら

とことんやらなないと気が済まないたちなので。

いろいろと調べました。

 

 

毎年3万人以上の方が転倒する事故で

救急搬送されている事実!

 

 

その約8割が60歳以上の方であること!

 

 

世界的に2%にも満たない、日本人の人口。

その人口の割には

全世界の認知症の約13%が日本人であること!

 

単に寿命が長いからだけではないような気がしています。

 

 

そんな知識がついて来ると、

「このままじゃ日本ヤバイじゃん!」

 

 

となるのが私の信条で。

何とかしなくちゃ!

なんてなっていったわけです。

 

 

そして、いざ健康教室をやってみると。

 

高齢の方々が

大変喜んでくださるじゃありませんか。

 

 

最初はやらされたはずだったのですが。

喜んで頂けることに快感を覚えた私は、

更にもっとよくなるんじゃないかと力を入れる様になり。

本業の治療と結びつけるようになっていったのです。

 

 

面白いと思ったのは。

治療と健康体操が重なる部分が多いということ!

 

例えば、

失われた本来あるべき姿勢を、ストレッチで取り戻すと

自然治癒力が高くなるとか。

 

治療でも勿論姿勢を良くする事は

自然治癒力に繋がるので調整している訳ですが。

 

他にも、

ストレッチで、血液循環を良くする事が

認知症の予防になることと、

治療で血液循環を良くして細胞に酸素がいき渡るようにすると、

慢性疾患が改善する事とか。

 

あげたらきりが無いくらい、重なる部分があるのです。

 

 

私が提唱している、

セルフケア―が大事!

ということへも、大いに繋がりをみせて。

セルフケア―の患者さんへの伝え方も

更に詳しく、その人個人に向けて

オリジナリティー溢れるものへと

変わってきました。

 

 

こうして、11人の方に合った形で

治療も、予防体操も繋がりがある事が分かると。

もうやらされた感覚はどこにもありません。

 

 

皆さんの不安を取り除く事が

使命にも思えてきて、楽しくて仕方ないです。

 

 

最初は無料で、ただのボランティア活動でした。

 

ですが、考えてみると

 

なにかを人に与える

 

という貴重な経験をさせて頂いて

その与えたことは、何らかの形で

必ず返って来るものだなぁ~ということも学ばせて頂きました。

 

 

先日も、私の健康教室に来て頂いて

3年間経絡ストレッチを続けている方から。

「前も後ろもこんなに曲がるようになりました!」

という言葉を頂いたのですが。

 

 

それは、その方が続けたからであり。

ストレッチも施術も同じなのですが。

 

患者さんの体の中で行われる自然治癒作業のたまもの

なのですね。

 

 

結局その方から、

きついとか、苦しいとか思うのではなく、

厳しい時間を楽しむということを実践できたり。

続けることの大切さや

与えることの大切さを教えて頂いた訳です!!

 

 

という感じで、毎日が学びの訳ですが。

時には、何でもやってみるもんだなぁ~と思いました。

 

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!!

それでは!


介護予防教室

こんにちは!

 

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

 

 

P1030948.jpg

 

このところ、

お陰様で、認知症予防教室や転倒予防教室の

ご依頼を頂くようになりました。

 

特に、小町通(清新)地区

横山地区、上溝地区、田名地区

光ヶ丘地区あたりからのご依頼が多いです。

 

 

介護予防関係の健康体操の

講師のご依頼の場合は、

下記まで、メールかFaxでお問い合わせくださいませ!!

********************************
渡部治療院       渡部 裕市
〒252-0217
神奈川県相模原市中央区小町通
1-2-7-3
TEL&FAX:042-707-4203
e-meil: chiro-618_shugi@gem.hi-ho.ne.jp
***********************************

 


漫画村と有資格者

こんばんは。

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

P1030948.jpg

 

 

今日は、「漫画村と有資格者」というお題で書きます!

 

一見関係なさそうな二つですが。

似たようなところがあるように思います。

 

 

漫画村は著作権を持っている漫画家さんが

勝手に漫画を読まれてしまい困って

マンガが売れなくなり、

「みんな漫画村で読まないで~」と呼びかけた。

 

 

有資格者とは

鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師のことをいいますが。

 

有資格者は。

手もみんなど無資格者がやっている

リラク行為などに対し、「無資格だから行かないで~」

と呼びかけた。

 

 

結果から言ってしまうと。

どちらもかえって逆効果になったと思うのです。

 

 

「みんな読まないで~」と呼びかけたことで

漫画村という存在をみんなが知ってしまって。

漫画村を利用する人たちが爆発的に増えてしまった。

 

一方

「無資格だから行かないで~」と呼びかけたことで

無資格者が法の穴をみつけ、弁護士や

コンサルタントをつけて、集客など、ビジネス力を身に付けてしまった。

 

どちらも騒げば騒ぐほど

相手の思うツボにハマった感じがしてならない。

 

 

よく見るコンビニのトイレで

昔はこう書いてありました。

「最近、トイレを汚く使っている人が増えて困っています。」

って言ったらさらに汚くなるのと同じ原理のように思えてならないのです。

 

 

これは、皆が汚してるんなら

オレも汚したって平気じゃん!

とみんなが思ってしまってかえって汚くなった

典型的な例ですよね。

 

 

だから今のコンビニでは、

「いつも、トイレを綺麗に使って頂き、ありがとうございます。」

と書いてあるところが多い。

 

 

いきなり、トイレに入ったら

褒められちゃう訳だから。

「おお!褒められたからには、綺麗に使っちゃおうかなぁ~」

と思うわけですね。

 

 

漫画村の場合は

どうすればよかったのか!

 

漫画村で無料で読んで頂き

ありがとうございます。。。

 

とはいきませんよね。

 

 

だから、これにかわるような代案を出せばいい訳ですが。

これはなかなか代案になるのは難しいように思います。。。

漫画は読まれてしまったら買わないでしょうからね!

 

みなさん、なにかよい代案はありますかね?

(私もコンサルタントではないのですが、なにか気の毒で)

 

 

なにか、作者の人達を応援するような形はとれないでしょうかね?

 

 

 

一方、無資格者だからいかなえいで~!

のほうは。

 

有資格者の良さをアピールすることにつきると思います。

 

 

別格なものとして、医師の存在がありますが。

あの世界は別物です。

 

医者の無資格は皆さんいやですよね!

私もいやです(^^

 

りらく病院とかいって

平気で無資格のドクターです とかいって

営業していたら引いてしまいます($・・)/~~~

 

 

では、なぜ医師に無資格者や無資格事業所がないのか?

 

ひとつは刑罰がある事。

 

もうひとつは資格を取るには

かなり勉強しないと医学部にうからないこと。

があげられるとおもうのです。

 

 

この二つが我々に無い以上、

有資格者のよさをアピールするしかないのですが。

 

これがまたアピールをするところが治療院によって

違う上に料金体系まで違うのだから、

業団によるアピールが難しいと来ているわけです。

 

 

結局のところ、

無資格者対策!!!!

とか何年もやってますが

完全に逆効果です。

 

業団でよさをアピールできないのですから。

個人で頑張るしかないのかな?

 

 

というわけで、本日はここまでです。

また業団の上の方に怒られるかな(^^


補足

絶対に期待してはいけない!

の補足です。

 

身体に関係あるとか言っておいて、

どう関係あるのかを書いてませんでした(^^♪

 

期待して、エネルギーが漏れると

エネルギーが切れた状態になり

やる気や意欲が失われ

身体は思うように動かなくなります。

 

結果として、普段の倍以上に

身体は疲れやすくなってしまうので、

期待して、自分の思うようにいかずにいると

身体にも影響を及ぼしてしまうということです!

 


絶対に期待してはいけない!

こんにちは。

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

 

P1030948.jpg

 

 

今日は

絶対に期待してはいけない!

とはどういうことか、話していきたいと思います。

 

身体に関係ないんじゃないの?と

思ったそこのあなた!

実は大ありだから書くので、最後まで読んで下さい(^^

 

 

 

まず、エネルギーといものを

ザックリと説明しますが。

 

みなさんは、エネルギーというと

何を思い浮かべますか?

 

と聞くと、大抵

電気・ガス・・・などと返って来ます()

 

 

それも確かにエネルギーです。

 

他にも、知恵・才能・運・アイディア・ノウハウ・お金

など挙げればきりが無い程あります。

 

ですが、その中でも群を抜いて

これぞエネルギーというものがあります。

 

 

何だと思いますか?

 

 

それは「感情」です。

 

 

何度か私のブログで伝えている事なので、

ずっと読んでいる方には

「またかよ!」

 

かも知れませんね。

 

ですが、大事だから何度でも言います(^^

 

 

エネルギーといえば、その大半は感情が占めるわけですが。

その感情を、多くの人はダダ漏れにして気付かずにいます。

 

 

例えば、

この仕事、納得いかないモン!

この上司ムカつく!

この客、金払ってるとか言って、文句言いすぎ!

 

 

行動にエネルギーを使わないで、理解や納得にエネルギーの多くを

使ってしまって、エネルギー切れになる訳です。

 

 

因みにですが、喜びすぎや満足感も過ぎれば

エネルギーは漏れます!!

(これはまた、機会を改めて説明しますね)

 

 

話しを戻しますが。

 

納得いかない!

ムカつく!

文句言いすぎ!

 

は、どれも相手が自分の思う通りにならないから

腹が立ち、自分のエネルギーが漏れるということですよね。

 

 

では、期待する。

ですが。

 

 

これも、"相手を思う通りにしたい"という事になりはしませんか?

 

一見するといい言葉に聞こえる

「期待」

 

 

例えば、会社で上司が新人に向かって。

「君には期待しているよ!」

と言ったとしますが。

 

この言葉の裏には

君、私の思った通りに動いてね!

が含まれているのです。

 

 

この期待という言葉

(私の思った通りに動いてね)が、

人間関係の摩擦を生んでしまうのです。

 

 

現在、子育て中の方も

「しまった、わたしも期待しちゃってる!」

って思った人もいるかと思います。

でも、安心して下さい。

私も期待は良くないという事を知るまではそうでしたから(^^

 

 

では、期待ではなくて

なにをすればいいのか。

 

私は、信頼してあげる事だと思うのです。

 

 

会社の部下も子供も

まだまだ成長段階です。

 

今、ではなくて

未来を信頼してあげるのです。

 

 

上司やお客さんだって同じです。

 

間違っても、相手を思う通りにしたい

なんて思わない事です。

 

 

この間も、私の知り合いが。

サッカーの浦和レッズのファンなのですが。

 

負けたことに腹を立て

一緒にいる間、ず~~~っと

怒っているのです。

 

これなんか

典型的な、期待ですよね!

 

選手が思った通りにならない事への怒りの感情を

コントロール出来ていない訳です。

 

おまけに久々にあった時間の大半を

周りにいや~な思いをさせている事に気付きもしない!

 

 

勿体ないとしか言いようがありません。

(そういう私も、何年か前まで巨人ファンなので

同じような事をしていましたが(^^♪今はこんなことしてません!)

 

 

 

期待・・・にエネルギーをつかうのではなく。

 

相手を信頼し、

どうやったら喜ばれるだろうか!

どうやったらエネルギーが回るか!

どうやったらお役に立てるか!

 

こう考えて行動していれば、

期待・・・という言葉はどんどん薄れていくと思います!

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今日はこの辺で!


キネシオテーピング講習会

こんにちは。

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そば

渡部(わたなべ)治療院です。

 

今日はお世話になった、

相模原市体育協会さんと

講師の朝日山先生の告知です!!

 

スポーツセミナー「キネシオテーピング講習会」

 

日 時

平成30325日(日)午前930分~1130分(受付は午前9時から)

 

会 場

市体育館(市役所前)

 

対 象

スポーツ指導者及び保護者

 

定 員

50名(申込順)

 

参加費

1,000円(当日徴収)

 

講 師

朝日山 一男 氏((一社)神奈川県鍼灸マッサージ師会)

 

講習内容

キネシオテーピングとは

 

持ち物

筆記用具 ハサミ

 

申込方法

215日(木)から、電話(042-751-5552)か、Eメール(taikyo@jade.dti.ne.jp)に住所(在勤の場合は勤務先)・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号・具体的に気になる事項(特段ある場合)と「キネシオテーピング」と書いて、市体育協会へ

 

 

 問い合わせ先

市体育協会 ( 042-751-5552

 

 

http://www.jade.dti.ne.jp/~taikyo/gyouzi-taikai/nenkan-gyojiyotei.html#kinesio

 

 


相模原クロスカントリー大会2018

こんにちは。

相模原市中央区
横山団地入口交差点そばの
渡部(わたなべ)治療院です。

 

3月10日(土)

相模原ギオンスタジアムにて

相模原クロスカントリー大会2018が開催され

我々相模原鍼灸マッサージ師会も

ボランティアで参加してきました!!!

CIMG0367_R.JPG

サポートスタッフの

神奈川衛生学園の女性2人と

有資格者7名でスタートです。

CIMG0372_R.JPG

 

昨年と打って変わって

午前中に大勢の中学生・高校生で

ブースが一杯になっているところに、

ゲストランナーで来ていた

現・コニカミノルタ所属の

神野大地 選手が来てくれましたgood

2年前ですかね、あの箱根駅伝の

"山の神"ですよ!

 

このまま午後も多くの方に利用して頂いて・・・・

と思っていたのですが、午後は少なめで・・・・

 

思えば昨年は、

朝日山先生が、知り合いの監督さんに声をかけてくれたおかげで

多くの方に利用して頂いたので。

そういった方々にどんどん声をかけていくことを続けないといけなかったようです。

 

まあ、反省点も含めて70点ということろでしょうか!

 

来年は、さらなる準備と

万全の態勢で、選手の皆さんや

一般市民の方のお役に立てるように

努力精進していきますので!!

また利用してくださませ~!!!


3月10日(土)は臨時休診です

こんにちは。

相模原市中央区
横山団地入口交差点そばの
渡部(わたなべ)治療院です。

3月10日(土)は
クロスカントリー大会のボランティアのため
誠に勝手ながら
休診致します。



12

« 2018年2月 | メインページ | アーカイブ | 2018年4月 »

このページのトップへ