HOME > 院長ブログ > 絶対に期待してはいけない!

院長ブログ

< キネシオテーピング講習会  |  一覧へ戻る  |  補足 >

絶対に期待してはいけない!

こんにちは。

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

 

P1030948.jpg

 

 

今日は

絶対に期待してはいけない!

とはどういうことか、話していきたいと思います。

 

身体に関係ないんじゃないの?と

思ったそこのあなた!

実は大ありだから書くので、最後まで読んで下さい(^^

 

 

 

まず、エネルギーといものを

ザックリと説明しますが。

 

みなさんは、エネルギーというと

何を思い浮かべますか?

 

と聞くと、大抵

電気・ガス・・・などと返って来ます()

 

 

それも確かにエネルギーです。

 

他にも、知恵・才能・運・アイディア・ノウハウ・お金

など挙げればきりが無い程あります。

 

ですが、その中でも群を抜いて

これぞエネルギーというものがあります。

 

 

何だと思いますか?

 

 

それは「感情」です。

 

 

何度か私のブログで伝えている事なので、

ずっと読んでいる方には

「またかよ!」

 

かも知れませんね。

 

ですが、大事だから何度でも言います(^^

 

 

エネルギーといえば、その大半は感情が占めるわけですが。

その感情を、多くの人はダダ漏れにして気付かずにいます。

 

 

例えば、

この仕事、納得いかないモン!

この上司ムカつく!

この客、金払ってるとか言って、文句言いすぎ!

 

 

行動にエネルギーを使わないで、理解や納得にエネルギーの多くを

使ってしまって、エネルギー切れになる訳です。

 

 

因みにですが、喜びすぎや満足感も過ぎれば

エネルギーは漏れます!!

(これはまた、機会を改めて説明しますね)

 

 

話しを戻しますが。

 

納得いかない!

ムカつく!

文句言いすぎ!

 

は、どれも相手が自分の思う通りにならないから

腹が立ち、自分のエネルギーが漏れるということですよね。

 

 

では、期待する。

ですが。

 

 

これも、"相手を思う通りにしたい"という事になりはしませんか?

 

一見するといい言葉に聞こえる

「期待」

 

 

例えば、会社で上司が新人に向かって。

「君には期待しているよ!」

と言ったとしますが。

 

この言葉の裏には

君、私の思った通りに動いてね!

が含まれているのです。

 

 

この期待という言葉

(私の思った通りに動いてね)が、

人間関係の摩擦を生んでしまうのです。

 

 

現在、子育て中の方も

「しまった、わたしも期待しちゃってる!」

って思った人もいるかと思います。

でも、安心して下さい。

私も期待は良くないという事を知るまではそうでしたから(^^

 

 

では、期待ではなくて

なにをすればいいのか。

 

私は、信頼してあげる事だと思うのです。

 

 

会社の部下も子供も

まだまだ成長段階です。

 

今、ではなくて

未来を信頼してあげるのです。

 

 

上司やお客さんだって同じです。

 

間違っても、相手を思う通りにしたい

なんて思わない事です。

 

 

この間も、私の知り合いが。

サッカーの浦和レッズのファンなのですが。

 

負けたことに腹を立て

一緒にいる間、ず~~~っと

怒っているのです。

 

これなんか

典型的な、期待ですよね!

 

選手が思った通りにならない事への怒りの感情を

コントロール出来ていない訳です。

 

おまけに久々にあった時間の大半を

周りにいや~な思いをさせている事に気付きもしない!

 

 

勿体ないとしか言いようがありません。

(そういう私も、何年か前まで巨人ファンなので

同じような事をしていましたが(^^♪今はこんなことしてません!)

 

 

 

期待・・・にエネルギーをつかうのではなく。

 

相手を信頼し、

どうやったら喜ばれるだろうか!

どうやったらエネルギーが回るか!

どうやったらお役に立てるか!

 

こう考えて行動していれば、

期待・・・という言葉はどんどん薄れていくと思います!

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今日はこの辺で!


< キネシオテーピング講習会  |  一覧へ戻る  |  補足 >

このページのトップへ