HOME > 院長ブログ > 与えるという機会を頂いて

院長ブログ

< 介護予防教室  |  一覧へ戻る  |  楽しむとは >

与えるという機会を頂いて

こんにちは!

 

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

P1030948.jpg

 

 

ここのところ、

認知症予防や転倒予防など

特に高齢の方向けの、健康教室のご依頼を頂く機会が増えてきましが。

 

実は、初期のころは、

相模原鍼灸マッサージ師会で

高齢者向けに健康体操をやって、

地域包括ケアシステムに

参加する意思を見せよう!

 

というような趣旨で

相模原師会でやっていこうという方向で

話はすすんでいました。

 

 

※そもそも地域包括ケアシステムとは

「団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。」 とうものなのですが。

 

良い事なんじゃないの!

と思った私も、師会で活動する事自体には

賛成したわけです。

 

 

もともと、私は自由診療だけでやっている関係上、

ケアマネージャーさんや、高齢者支援センターさんとの

かかわりは無く、

本来、保険で訪問マッサージをされている

先生方が、直接ケアマネージャーさんや高齢者支援センターさんから

訪問マッサージの依頼を頂いているので、当然

健康体操の講師をやってくれるものだとばかり思っていました。

 

 

しかし、蓋を開けてみると、

健康体操を誰が教えるんだ!

という始末。。。

 

まさか私自身が

その講師となり、予防運動を指導する事になるとは

思ってもいませんでした。

 

 

もともとは、市民公開講座を5回やって頂いた

林先生のサポートをしようと思って

「地域健康つくり指導者」なる資格を取ったわけですが。

 

資格を取った途端に

「資格があるんだから、相模原で渡部先生が講師をやってよ!」

となった訳です。

 

 

内心、

「なんで俺がやらなきゃならないんだよ!

保険で訪問マッサージしてる人たちが

自分でやれよ!」

 

と思っていました。

 

 

やるとなれば、結構準備も大変だし。

休日も潰れるわけです。

 

 

はじめは貧乏くじ引いちゃったなぁ~と

正直思ってました。

 

 

まあ、周りを見渡しても、

他にやれそうな人もいないし、しょうがない

やってやるか!

 

なんていう超上から目線でした(^^

 

 

やるとなったら

とことんやらなないと気が済まないたちなので。

いろいろと調べました。

 

 

毎年3万人以上の方が転倒する事故で

救急搬送されている事実!

 

 

その約8割が60歳以上の方であること!

 

 

世界的に2%にも満たない、日本人の人口。

その人口の割には

全世界の認知症の約13%が日本人であること!

 

単に寿命が長いからだけではないような気がしています。

 

 

そんな知識がついて来ると、

「このままじゃ日本ヤバイじゃん!」

 

 

となるのが私の信条で。

何とかしなくちゃ!

なんてなっていったわけです。

 

 

そして、いざ健康教室をやってみると。

 

高齢の方々が

大変喜んでくださるじゃありませんか。

 

 

最初はやらされたはずだったのですが。

喜んで頂けることに快感を覚えた私は、

更にもっとよくなるんじゃないかと力を入れる様になり。

本業の治療と結びつけるようになっていったのです。

 

 

面白いと思ったのは。

治療と健康体操が重なる部分が多いということ!

 

例えば、

失われた本来あるべき姿勢を、ストレッチで取り戻すと

自然治癒力が高くなるとか。

 

治療でも勿論姿勢を良くする事は

自然治癒力に繋がるので調整している訳ですが。

 

他にも、

ストレッチで、血液循環を良くする事が

認知症の予防になることと、

治療で血液循環を良くして細胞に酸素がいき渡るようにすると、

慢性疾患が改善する事とか。

 

あげたらきりが無いくらい、重なる部分があるのです。

 

 

私が提唱している、

セルフケア―が大事!

ということへも、大いに繋がりをみせて。

セルフケア―の患者さんへの伝え方も

更に詳しく、その人個人に向けて

オリジナリティー溢れるものへと

変わってきました。

 

 

こうして、11人の方に合った形で

治療も、予防体操も繋がりがある事が分かると。

もうやらされた感覚はどこにもありません。

 

 

皆さんの不安を取り除く事が

使命にも思えてきて、楽しくて仕方ないです。

 

 

最初は無料で、ただのボランティア活動でした。

 

ですが、考えてみると

 

なにかを人に与える

 

という貴重な経験をさせて頂いて

その与えたことは、何らかの形で

必ず返って来るものだなぁ~ということも学ばせて頂きました。

 

 

先日も、私の健康教室に来て頂いて

3年間経絡ストレッチを続けている方から。

「前も後ろもこんなに曲がるようになりました!」

という言葉を頂いたのですが。

 

 

それは、その方が続けたからであり。

ストレッチも施術も同じなのですが。

 

患者さんの体の中で行われる自然治癒作業のたまもの

なのですね。

 

 

結局その方から、

きついとか、苦しいとか思うのではなく、

厳しい時間を楽しむということを実践できたり。

続けることの大切さや

与えることの大切さを教えて頂いた訳です!!

 

 

という感じで、毎日が学びの訳ですが。

時には、何でもやってみるもんだなぁ~と思いました。

 

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!!

それでは!


< 介護予防教室  |  一覧へ戻る  |  楽しむとは >

このページのトップへ