HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2018年4月アーカイブ

院長ブログ 2018年4月アーカイブ

5月1日予約の空き情報です

こんばんは。

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

渡部治療院です。

P1030948.jpg

5月1日(火)の予約の空き情報です!!!

 

午後、3時・4時・5時に

空きがございます。

腰痛・肩こり・全身疲労などで

お悩みの方は、電話にてご予約くださいませ!

042-707-4203 まで!


ない物もあると思って考える

こんにちは!

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

P1030948.jpg

 

先日、ある人に奨められて

「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」

というドラマを見ました。

 

 

主人公は岡潔という数学者なのですが。

この方、あの湯川秀樹の先生になるのですね。

 

まず、こんな凄い人がいたなんて知りませんでした。

皆さんはご存知でしたか?

 

 

この方の、何が凄いかっていうと。

一生涯を数学に捧げた

のが凄いと思いました。

 

だって一生涯ですよ!

 

 

私などは、何かにのめり込んでも

一生涯を捧げるとなるとちょっとムリです(^^

 

皆さんはどうですかね?一生涯!

 

 

特に数学とか物理学とか・・・

かなり私にはムリです($・・)/~~~

 

 

話しはドラマを見た感想に変わりますが。

 

このドラマを見終わったあと。

 

「しまった、ちゃんと数学も勉強しておけばよかった!」

と思わずにはいられない状態になってしましました!

 

なぜかというと、

ドラマを見終わったあと

マイナスの概念を思い出したり。

 

内側からの動機付けが、人の成長を促す!

 

という事と繋がったからです。

 

 

マイナスの概念は

どなたが発案者かは忘れましたが。

この概念がある前は

 

350だったそうです。

 

 

今聞くと、「えぇ~」っと思ってしまいますよね。

 

330

350はおかしいから、マイナスという概念を作って

35=-2としたそうです。

 

 

でもこれって、ないものをある!と誰かがしたから

生まれたことですよね。

 

 

そう見立てて、仮説を立てて

きちんと論文で矛盾なく説明できたから

みんなが後から

「そうだ、その通りだ!」

と言ってくれたわけですよね。

 

ない物をあると思って考えた人がいて

その恩恵に我々があずかっているわけですよね。

 

 

私みたいに、見たものしか信じない!

なんて思っているとこういう発見はできません(^^

 

 

こういう考え方は、世の中の役に立ち、

多くの人を幸せにするし、

生きていく力になるとのだと思いました。

 

 

 

そして内発的動機づけが人の成長を促すとは。

 

内発的動機とは、

興味や楽しさ・その行為をする事自体。

という意味ですが。

 

岡潔は、まさに内発的に数学をやっていたからこそ

普通の人から見たら苦行におもえることを難なくやったのだと思います。

 

きっと本人は、数学が心から楽しく

て仕方なかったのでしょうね。

 

 

このくらい、夢中になれる事がある事自体

うらやましいし。

良く分からないからやらない・・・

としてきたことを久々に後悔しました。

 

 

数学的な考え方も

生きていく上で必要だったし。

 

ないものをあると思って考えることを

習慣にしていたら

 

もっと多くの事を学べたのでは?

と思ってしまいました。

 

 

これを機に、

何かに興味や楽しさをもったら

夢中になって、

自分なりの仮説を立てたり、

見立てたりして。

 

新たな発見をして、

楽しくすごせたら・・・

なんて思いました。

 

それから、このドラマは

岡潔と岡潔の奥さんにスポットが当たっていたのですが。

 

奥さんがまたスゴイ!

 

ドラマでは描かれていませんでしたが。

 

岡潔が、論文を否定されて病院に入った

シーンがありましたが。

実は、12年もの間

鬱になり、何もできない時期があったそうです。

 

それでも支え続けた奥様がいたから

最終的には論文も仕上がって

世間にも認められたのかと思うと、

女性の力無しには、男なんて何もできない

生き物だなぁ~と思います。

 

主役が二人いるドラマでしたが

見る価値は充分にあると思います。

 

 

皆さんも機会があったら

「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」

というドラマをご覧になってはいかがでしょうか!

 

 

本日は以上になります。

 

いつも最後まで読んで頂き。

ありがとうございます。 


1

« 2018年3月 | メインページ | アーカイブ | 2018年5月 »

このページのトップへ