HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2018年5月アーカイブ

院長ブログ 2018年5月アーカイブ

サービスのコーヒーはいらない!

こんにちは。

相模原市中央区小町通の

渡部(わたなべ)治療院です。

 

  コーヒー.jpg

 

今日は「エネルギー」についてお話します。

 

エネルギーって何!

っていう話しなんですが。

 

今回のお話しでは、

やる気とか意欲だと思ってください。

 

 

せっかくのエネルギーも、こうなっちゃうと残念ですよね!

という話しです。

 

 

さて、本題に入ります!

 

私は、お店に入ると、

そこで働く人を観察する様にしています。

(ついつい経営者目線になるのですが(^^♪)

 

すると、そこには

==一つの法則==

と言っても過言ではない

ものがあるのに気付きました。

 

それは。

 

お店に入って最初に会った店員さんの印象がよければ、

ほぼ、他の店員の印象も良い、というものです。

(逆もしかりですが)

 

そして、そのお店が飲食店の場合、

出てくる料理もほぼ美味しいのです!!

 

 

皆さんも、同じような経験をしたことはあるのではないでしょうか!

 

 

2~3か月前に入った喫茶店の話しなのですが。

結構大きめの喫茶店で、

働いている方も十数名いたと思います。

 

このお店、

どの店員さんも印象が良かったうえに

トーストもコーヒーも非常においしかったんですね!

 

おまけに、天気が暑いのか寒いのか

よく分からない日だったのですが。

 

店員さんが、お水を出す時に。

「常温のお水にしますか、冷たいお水にしますか?」

 

と尋ねてくれたのです。

 

 

今まで、「お冷要りますか?」

と聞かれたことはありましたが。

 

常温か冷たいのがいいかを聞かれたのは初めてでした。

 

 

私は日頃から白湯で飲んでいる事が多いので、

「常温でお願いします!」

 

といいました。

 

このお店は

使われている食器や、コップも

全て上品なものばかりで、これは

決して安物ではないな!

というものばかり使っていました。

 

おまけに出された水も、一口飲んで。思わず

「うまい!」

と声が出てしまったのですが。

 

すると店員さんが。

 

「特別な浄水器でろ過したお水ですので

美味しく召し上がって頂けると思います」

 

と笑顔で答えてくれました!

 

 

思わず声が出てしまって、ちょっと恥ずかしかったのですが。

店員さんの言葉で救われました(笑)

 

それにしても気が利くなぁ~

とおもったら、胸のバッチに

「店長」と書いてありました(^^

 

 

どうりで気が利くわけですね!

 

そんな事を思いながら、ふと

このお店自体が非常に場のエネルギーが

高くなっているのではないかとおもい始めたのです。

 

高級な食器や美味しいお水。

置いてある観葉植物にも手が行き届いている。

 

建物自体は古いのですが。

雰囲気はとてもよい。

 

そんなエネルギーの高い場所に

いい人達が集まった=全員エネルギーの高い店員さん。

 

になったのではないかなと思いました。

 

 

そんな、

==いい雰囲気==

を味わったかと思えば。

 

 

先日行った定食屋さんでは

こんな事がありました。

 

 

最初に出てきた店員さんは

まあまあ、良くも無く悪くも無くという感じで。

 

お店の中に入ると

他の店員さんは、いがいにも良い感じでした。

 

 

出てきた定食も

非常においしかったのですが。。。

 

 

何と最後にたのんでもいない

物を出されたときにガックリ・・・・・

 

 

店員さんが、

「これはお店からのサービスです」

といいながら出されたのが

アイスコーヒー。

 

しかもその日は5月にしては寒い日でした。

 

 

そのうえ、コップが古いのか

曇ってしまってガラスにみえないほど( ;;)

 

私も無理して飲まなきゃいいのに

のんでみると

 

まずい!

 

の一言!

 

 

どんなに料理が美味しくても、

トイレが非常に汚かったら、

それだけで場のエネルギーは一気に下がりますよね!

 

それと同じ気分でした。

 

 

私は、商売は"掛け算"だと思っています。

つまり、一つでもゼロが入ったら

その前にいくらプラスがあっても"ゼロ"

です。

 

サービスだからエネルギーを使わない!

そんなサービスならしないほうがましです。

 

 

サービスのコーヒー

要らなかったなぁ~!! と思っちゃいました。

 

 

本日も最後まで読んで頂き

ありがとうございます。

 


「前世の記憶」

こんにちは。

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

 

前世.jpg

 

 

今日はいきなり"キャッチー"な題名なんですけど。

 

今すぐ皆さんも実践できる、

エネルギーを消耗しない方法をシェアしますね。

 

勿論、この記事を読み終わった後すぐに実践して

効果を実感できると思います。

 

この記事を読んで、

毎日エネルギーに満ちた状態で日々を過ごせば。

仕事でも家でも、最高の結果がでるように・・・

なるかもしれません(笑)

 

 

読むのが苦手、という人は

こちらの動画をご覧ください。

 

https://www.youtube.com/watch?reload=9&v=tGQEB-f0ufw

 

 

これはある人のメルマガに書いてあったのですが。

私もその記事を見て思い出しました。

 

 

紳助さんと松ちゃんの番組で、前世について話していたのですが。

 

紳助さんは前世とか信じる派で、

前世の記憶を持っている少女が実在する話しをしていました。

 

その内容に、当時の私は

「え~!そんなのないよ!」

と思って受け付けなかった記憶があります。

 

 

今はどうなのかというと。

前世とかそういうのは置いておいて。

 

そういう考え方を採用したらいい!

と思っています。

 

 

説明しますね!

 

紳助さんは

人は何度も生まれ変わり、

その回数によって、人は高尚になれる!

と言っていました。

 

 

悟ったお坊さんや

若くして高尚な考え方を持っている人は

みんな

 

「人生の回数が10回目とか、20回目」

だというのです。

 

だから、たかだか一回目の人生で

4050年生きたくらいで、

高尚な悟りは得られないというのです。

 

 

私は、「なるほど~」と思いました。

 

そういう人たちは

もう人生何回も生まれ変わって

経験していて、前世のかすかな記憶があり。

そのお陰で、高尚な域に達しているというのです。

 

 

因みにですが、ダウンタウンの松ちゃんに

「お前、そんなにおもろいのは

人生18回目やからやで!」

 

と紳助さんは言っていましたが。

なんだかうなずける話だなぁ~

と思っちゃいました。

 

 

話しをもとに戻すと。

 

人生何回も生まれ変わっている人は

前世につんだ「徳」があって、

その徳の分、今現在早い段階から

高尚なことができるのだと。

 

 

だから、街でポイ捨てしているひとや、

順番を守れない人に怒って

感情というエネルギーを消耗したらよくないというのです。

 

そういう人は

人生1回目なのでまだまだの人だから。

 

「アイツ、1回目やな、見逃したるは!」

と心の中で呟いて、許してあげちゃう!

 

つまり、そういう人に腹を立てたらいけないと!

 

 

このパラダイムを使うようなってから、

私の感情というエネルギーも

大分節約できるようになりました。

 

だから、前世とかそういうことは置いておいて。

 

この考え方だけを採用したら

もの凄い役に立つと思うのですが。

 

みなさん、どうでしょうか?

 

 

ということで、今日はこの辺で!

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。

 


「やりたいことがない」はウソ

こんにちは。

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

 

やりたい事.png

 

先日、いつの深夜番組だったか忘れたが。

ホリエモン

がテレビに出ていた。

 

 

なんだか彼自身の若い頃と比べると、

穏やかな顔になったなぁ~なんて思いながら

テレビを見ていると。

 

 

どこかの大学で講師として喋って、

公開質問を受けた時の話しをしていたのですが。

面白い事を言っていたのでシェアしたいと思います。

 

 

学生たちの集まる講演会で、質問を受けると

だいたい質問者のパターンは次の2つ!

に分かれるそうです。

 

1つは

勢いよく手を上げて

「とにかく成功したいんです!

これからの時代、どんなビジネスが有望だと思われますか?」

 

というもの。

 

 

この質問にホリエモンは

安易には答えを教えないそうです。

 

なぜなら、自分で試行錯誤しないと

いろいろなことが身に付かないし、

 

それを聞く時点で、自分で考える事を放棄してしまってるし。

「儲かりそうだから」というものをやりたいのだろうけど。

 

そのような考えでビジネスをはじめたら

必ず後でつまづくのは目に見えているので、

答えは教えないということだそうです。

 

 

う~ん分かるような気がしますね。

堀江さんが多くの人を見てきて言っているのだから

きっと間違えないのでしょう!

 

 

そして

2つ目は

「やりたい事が無く、就きたい仕事がありません

この先どうしたらいいでしょうか?」

 

というもの。

 

 

こういう人たちには次のように言ってみるそうです!

 

「きみ、好きな芸能人とか俳優さんとかいる?」

 

すると

「ええっ、まあ・・・新垣結衣さんとか・・」

 

「なるほど、ガッキー好きなのね。じゃあさ、ガッキーと

会ってみたいと思わない?」

 

 

「それは会いたいです」

 

 

「じゃあ、どうやったら会えるだろう?」

 

「う~ん・・・・・」

 

 

「たとえば、ガッキーと共演できるような俳優さんになっちゃうとか、

ガッキー主演の映画を撮る監督になるか、それがだめならテレビ局で

ADやって働くとか!」

 

「ええ・・・でも僕にはとても・・・」

 

 

「ほら、きみだって『やりたいことがない』訳じゃないんだ。

問題は『できっこない』と決めつけて、自分の可能性にフタをしていることなんだよ」

 

 

「別に俳優さんになれとは言わないけど、ちょっと

意識を変えてみたらどうかな?」

 

 

2つ目はなぜか実際のVTRを見ながら

解説してたんだけど。

 

私自身も、高校生や大学生で

就職を目の前にしている患者さんから受けた質問

だったので、思わず食い入るように見た訳ですが。

 

「なるほど~こういってやればよかったんだ~」

 

と、思わずテレビの前で唸ってしまいました。

 

 

それと同時に

自分にも同じことが言えるのかな!

とも思ったりしました。

 

 

私は、高校生の時。

鍼の学校は専門学校だからとたかをくくり

 

たいした勉強もせずに

専門学校に受かる事すらできませんでした。

 

学校に受からなかったので半ば仕方なく

その後、サラリーマンを5年ほど経験するのですが。

 

ちょうどその時期の自分とダブりました。

 

「どーせ勉強しても無理だし、

やりたいことなんて何もないし。」と思っていました。

 

 

今思うと、そう自分に言い訳をして

自分の頭で、自分の人生を考えるということを

怠ったのですね。

 

なんと勿体ない時間を過ごしたのか!

 

 

あ!別に、サラリーマンの経験は悪くなかったと

今でも思っています。

 

その時期があったから、

今が充実しているわけですし。

あの時間そのものは貴重な経験でしたよ!

 

問題は、自分の頭で考える事をしなかった事と

「どーせ自分にはできっこない!」

と決めつけた事。

 

 

みなさんは、「自分にはできっこない」

と思った事はないだろうか?

 

いや、必ず一度や二度はそう思った事はありますよね。。

 

 

さらに問題なのは。

今もなお、その習慣が身についてしまっているという事。

 

 

今さら新しい事に挑戦しても、

「できっこない!」

 

この言葉が頭をよぎる!!

 

 

鍼の学校に再チャレンジしたときも。

運動指導の資格を取った時も。

ダイエットに成功した時も。

 

 

やってみたらできてしまった。

 

どれも簡単ではなかったけれども

凄く難しかったわけでもない。

 

なにもしり込みしないで

やってみたらいいのだ!・・・と今では思うわけです(^^

 

 

 

番組の最後に

ホリエモンはこういってました。

 

 

「出来ない理由なんて考えるな!

脳が考えるのを辞めてしまうから。」

 

「そんな暇があったら

どうやったら出来るかだけを死ぬほど考えろ!」

 

そう言って番組は終了しました。

 

 

全く同感だと私も思いました。

 

 

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。

本日は以上になります。

 


「不妊治療の実態!」

こんにちは。

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

「お腹の中の赤ちゃんの写真」の画像検索結果

 

 

今日は、今すぐあなたにも実践できる、

不妊に対する「秘伝」をお教えいたします。

 

 

(ヒントは"H"にあります)

 

勿論、この記事を読み終わった後すぐに実践して、

どんどん妊娠体質になる事が出来ます(^_-)-

 

こういう話しをブログで話すのも・・・

と思ったけど、大事なことなので書きます。

 

 

私も専門にこそしていないものの。

不妊整体を手掛けるものとして、

これだけは伝えたほうがいいな!

との思いから書かせて頂きます!!

 

 

まずは、基本の「き」

 

不妊の定義とは

自然な状態で妊娠に至れないか、

妊娠を一定期間以上維持することが

できない状態を指す。

 

WHO、日本産科婦人科学会ともに、

「1年以内に妊娠に至れない状態」

と定義している。

 

 

あれ!

少し前までは2年か3年だったような・・・

現在では1年みたいですね。

(外国とのHの回数の差を考えると3年でもいいような・・・)

 

やっぱりどの医学も

常に進化というか、刻々と定義などが

書き変わっているのですね!!

 

 

と、話は反れましたが。

 

WHO(世界保健機関)が定めている

ということは。

 

日本だけじゃなくて、世界的に・・・ということですよね!

 

 

そもそも、自然に妊娠に至れないということですが。

 

そこには当然ながら"H"の回数が絡んできます。

 

 

ということで、

41ヶ国に性生活の満足度調査をした結果というのが

あるのですが。

 

性生活の満足度が50%以上の国は

アメリカ・オランダ・イギリス・スイスなど

10ヶ国。

 

 

さらに国別に年間平均のH回数が書いてありました(^^

 

どの国も私的には"え"っというほど多い。

最高でギリシャの138回!!!

 

2.6日に1回。。。

 

もしかして、何年か前に経済破綻した原因だったりして!!

ギリシャ人よ、そんな暇あったら働け!!

って話が反れましたが。

 

 

40位のシンガポールでさえ73回。

 

わが日本はというと。

年間回数45

8日に1回・・・・

(若い時でもそんなにしてたかな??

と思ったのは私だけでしょうか(^^♪)

そして満足度24%

 

もちろんどちらも最下位です!!!

 

 

私的には、回数はともかく満足度が低いのは、

男が悪いような気がします・・・が

その理由は別の機会に、書けるようであれば

書いてみたいと思いますが、今日は辞めておきます(^^

 

 

ちなみに我が同盟国のアメリカは

3.2日に1回で満足度も50%を超えてますね!

 

 

話しを日本に戻しますが。

 

1カ月にすると、3.7回しかHをしていないのが

自然な状態で妊娠に至れない問題とされていました。

当然と言えば当然でしょうか。

 

不妊治療に悩む人たちに

目安として最低月6回のHをするのが

妊娠率を高める基本だと訴えていました。

(これは人工授精や体外受精の方も同じです)

 

 

ではなぜ、月6回なのでしょう。

 

1カ月はおよそ4週です。

なので基本的に毎週1回。

 

そして排卵の週にプラス2回。

で合計6回になります。

 

 

排卵の週の3回は解りますよね!?

妊娠のためのHです。

 

でも、排卵の週以外の3回は

妊娠に関係しないですよね。

 

当然、排卵の週ではないので

妊娠はしません。でも、

 

次周期の排卵される卵子は

もうすでに卵巣に準備されて成長をしています。

 

気持ちいいセックスの刺激は、

体を子孫保存へのスイッチを入れてくれますし。

良い卵子の成長を促進してくれるのです。

 

どういうことかと言うと、

赤ちゃんを作りやすい

体にしてくれるということ。

 

 

自律神経も

ホルモンバランスも整えてくれる。

 

 

月に6回のHには

意味があったのです。

 

6回でも世界の平均よりは少ないです。

 

愛するパートナーとの子供が欲しいなら、

ここがベースになります。

 

 

あ!

太字の所の理由から

満足度が低い理由は男にある!

と言ったのですが、今日はここを深堀するのは辞めときます!

 

 

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。

本日は以上になります。


腹いっぱい食べるのが一番体に悪い

こんにちは。

相模原市中央区小町通

横山団地入口交差点そばの

渡部(わたなべ)治療院です。

 

P1030948.jpg

 

 

 

昨日、久々に妻と休みが一致したので

ランチを一緒にということになり。

美味しい定食屋さんへいったのですが。

 

 

先にお店に入っていた

いかにも建築関係の方3人の話しが

面白くてしかたなかったので、ちょっとネタに

させて頂きます(^^

 

 

お三方とも、いかにも

ガテン系と言わんばかりの体系

に加え、声がやたらとデカイ!

 

 

だから話を聞きたくなくても

勝手に3人の話が耳に入って来る訳ですが!!

 

話を聞いているとどもう

3人とも大きな体格が災いしてか

膝が悪いらしい( ^^) _U~~

 

 

話しは、掛かりつけの整形外科の話になっていたのですが。

 

ここからは3人の不幸自慢大会!!!

 

「俺なんかよう、この間〇〇ml水抜かれちゃったよ!」

と膝の水を抜かれた量の多さを自慢合戦!!

 

 

なんだか3人とも水の量がどんどん増えていく(^^

(きっとそんなに抜かれてはいないはずです)

 

 

ひとしきり水の話が終わると、

今度は変形の話しに。

 

2人は50歳代と思われ、

1人は20歳代か30歳代前半という感じ。

 

50代の二人は変形して

軟骨がすり減っているという話しに突入!!

 

 

「医者は鍛えろっていうけどさ、軟骨なんかきたえられるかよなぁ~!」

 

・・・え~と・・多分それ軟骨を鍛えろ!

なんてドクターは言っていないはずです。

 

きっと、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛えろと言っているはず

なんですが(^^

 

 

鍛えてくれ!

と同時に、もっと大切な事をいわれている

はずなのですが、そこにはなぜか二人とも話がいかない(^^

 

 

また話は変わり。

こんどは主治医の話しに。

 

ゴールデンウイークにどうしても痛くなり。

いつもの病院が休みだったので

仕方なく休日診療でやっている病院へ行ったが。

 

ドクターがイマイチで

思うような治療が受けられなかったという話しに。

 

 

というか話を聞く限り。

普段の経過観察を怠って、悪化してしまったという話しで。

誰が悪いというか、それはあなたが・・・

という感じの話しでしたが。

 

それから医者への強烈なダメ出し。

 

話を聞いている限り、

私は地雷だらけです。

"もし踏んだら怒るので、ふまないように

注意して扱ってください"

 

といいたいようで。

 

私は、さぞかし主治医の先生は普段大変だろうなあと

思った次第です!

 

 

たまぁ~にうちにもそのような方がいますが。

極たまにですよ!

 

他院の悪口や先生の悪口を言うのですね。

 

その言葉の裏には。

「あなたも、私をぞんざいに扱えば、こうなりますよ!」

と自分で告知しているよう感じなんですね。

 

 

まあ、今、渡部治療院にこのような人はいないのでいいのですが。

 

休日診療当番だった病院、

ならびにドクターには

お疲れ様でした!!

と言いたくなりました。

 

 

ようやく、注文したものが届き。

このお店は、わりとライスが大盛でくるのですが。

 

50代の1人が。

若い人に自分のご飯を半分くらいのせながら

こう言いました。

 

「腹いっぱい食べるのが一番体に悪いんだ!」

 

 

 

正しい!

あなたの言っていることに、今日初めて共感します!

 

 

でも、あなたの身体にそれが反映されていないのはなぜですか?

 

 

おそらく。

「軟骨もすり減ってますし、太ももの前に筋肉を付けて

体重も減らさないと膝によくないですよ」

 

 

と言われていハズなんですが。

その時ドクターから言われた言葉が

お腹一杯食べるのが一番体に悪いですよ!

 

だと思います。

 

 

人を批判する前に。

気付いて欲しいなぁ~と思いました!!!

 

 

 

本日は以上になります。

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!


やっちまった!

こんばんは。

渡部(わたなべ)治療院です。

 

 

今日は、受付の方には

ゴールデンウイークということもあり。

お休みして頂いたのですが。

 

そんな時に限って朝から

一本の電話が・・・

 

 

なんか嫌な予感がしたのですが。

声の主は、いつも田名から来院して頂いている方の奥様から。

 

「今日渡部さんのところに、主人が予約だったの思うのですが。

申し訳ありませんがキャンセルしてください」

 

 

私が

「どうしました?」

 

と聞くと。

 

「庭で何かにつまづいて、顔面を強打して、今救急車のなかから

電話しています!」

 

という連絡だったのです。

 

 

幸い、あとから娘さんからの連絡で。

意識もあり、トイレにもご自分で行けるとのことで。

一安心だったのですが。

 

 

そのバタバタも終わり、お昼休みに。

風が少し強かったものの

清々しい気候で、絶好の散歩日和を無駄にする事は無いと思い。

 

朝はバタバタして出来なかった散歩を

したのですが。

 

散歩と一緒に

ここのところ続けている。

20mダッシュ。

 

成長ホルモンがでたりして

一日一回、ダッシュすると非常に身体によいということで

私も取り入れていて。

 

便の出が良かったり。

夜、スムーズに寝る事が出来たりと、

その効果を実感していたのですが・・・

 

 

2本でやめておけばいいものを、

3本目のダッシュをしたその時・・

 

左太ももの裏に走った激痛・・・

高校生の時以来忘れていた・・・

そう

 

肉離れの痛みが、

私の身体を襲いました!!

5分くらいはじっとしていたのですが。

一向に良くなる気配なし・・・

という状況でした。

 

 

みなさんも一度は耳にしたことがあると思うのですが。

本来、RICEという順番で応急処置に当たらないといけない訳ですが。

 

 

RICEの一番目の安静は

これ以上続けても意味が無いと判断したのですが。

 

妻を呼ぼうにも、これから夜勤でちょうど寝ている時間。

起こすのも悪いし。

 

横山公園にいたのですが。

タクシーを呼ぼうにも

まさか怪我なんかすると思ってないもので

お金を持っていない。

 

本来、安静が第一の時間を

とぼとぼと普段の倍の時間をかけて

歩いて帰宅!

 

 

直ちにアイシングを20分。

 

少し楽になったもののまだまだ痛みます。

 

 

続いて、コンプレッション・・・そう

圧迫です。

 

包帯でぐるぐる巻きに。。。

 

 

更に少し楽になるも。

角度によっては激痛が。。。

 

 

そうこうしているうちに

午後の診察の時間に!!

 

 

あとは身体をうまく使うしかありません(^^

 

 

だいたい、肉離れは全治2週間が原則。

それも安静で!!

 

 

転んでもただでは起きないわたし!!

 

 

これをどうにか乗り切るのがプロ・・

というもの。

 

 

持っている知識を総動員して、

あとは鍼の力をかりて

なんとか乗り切りますよ!!

 

 

肉離れ奮闘記を掲載しようかな。。。

なんて思ってます!

 

 

みなさまも怪我には充分注意して下さいね!


宝くじで一等が当たったら!

こんばんは。

 

渡部治療院です。

 

 

 

先日、相模原市中央区横山で健康について

 

高齢の方に、30分ほどお話をさせて頂きました。

 

 

この講演はシリーズで、

この後、上溝と田名でもやるそうなのですが。

 

私も、上溝と田名にも呼ばれるのかはさておき(^^

 

 

私の前の講師の方の話が、

あまりにも面白かったのでシェアしたいと思います。

 

 

 

確か演題は

 

「宝くじで一等が当たったら!」

 

だったと思います。(曖昧ですみません<(_ _)>

 

 

 

講師の方が冒頭、皆さんに質問しました。

 

(結構みなさん、再雇用とか、

バイトも含めて働いている方の集まりだったようです!)

 

「皆さんは、宝くじで一等が当たったら、何がしたいですか?」

という質問でした。

 

 

皆さん勢いよく、あれがしたい、これがしたいと

活発に意見が出ていましたが。

 

 

 

なかでも群を抜いて多かった意見がこちら!

 

 

「当たったら、会社を辞めて南の島でのんびり暮らしたい・・・!!!」

 

 

何年か前の私なら、私も同じ答えだったと思います。

 

 

今は違う!とハッキリいえますが(^^

 

 

ブログをお読みの皆さんの答えはどうですか?

同じような気持ちでいるかもしれませんね?

 

 

 

本題はここからです。

 

一通り答えが出た後、

講師の方が空気を一変させました。

 

「皆さん、それで本当にいいんですか?」

 

会場は水を打ったように静まり返りました!!

 

 

「大金を手に入れたらリタイアするとは、要するに、

カネさえあれば、仕事なんて今すぐ辞めたいという話しですよね。

それって裏を返すと、働く理由はカネ!になりませんか?

それで本当にいいんですか?」

 

 

この言葉に、誰一人反論できません!

 

 

私は次の出番を待ちながら心の中で

 

私の働く理由は

人の役に立ち、誰かによろこんでもらう事なので。

宝くじが当たっても仕事は辞めません!!

 

と呟いていたのですが・・・。

 

 

講師の方が静かに語りはじめます。

 

「皆さんにとって仕事とはなんなのだろう?

目的がお金じゃないとしたら、なんのために働いているのだろう?」

 

「ここは是非、自分自身の問題として考えて欲しい」

「あなたにとっての仕事とはどんなもので、あなたは何のために働いているのか」

 

 

この静かな口調が

皆さんの脳を再び動かしだしたのでしょうか。

 

みなさん、またわいわいと話し合いだしました。

 

 

結構パンチの効いた言葉だったので

このあと盛り返すのは大変だろうと思いきや!

まさかの賑わいに!

 

 

多分ですが、

この講師の方の喋り方、

もっているパーソナリティが

皆さんに一体感を与えたのだと思います。

 

 

結局、仕事とは?

働くとは?

というのが次回の宿題になったのですが。

 

 

場所を変えても、この日来た方々は

次の講義も聴きに行く事は間違いないです。

 

 

私も、この後講義をやるのちょっと辛いなぁ~

なんて思ったのですが。

 

ただでは転ばない私は。

 

 

冒頭

「皆さん良い宿題をもらいましたね!

因みにですが、私にとって仕事とは

 

自分らしく輝き、自分と人を豊かにするもので

 

働くとは、人の役に立ち、誰かによろこんでもらう事です」

 

という話しから入ったのですが。

 

もう皆さん前のめりになって

話しを聞いてくれました!!

 

 

もう、健康の話などどこかに吹き飛んで。

仕事の話になっちゃいました(^^

 

完全に人のフンドシで相撲を取ったのですが。

 

それはさておき。

勉強になる話をする人がいるものだなあと

感心したのと。

 

パンチのある言葉も、

来ている人の事を本当に思っていれば。

多くの人を笑顔にできるのだと痛感させられました。

 

私もこんな講義ができるようになりたいなぁ~

と強く思いました。

 

 

 

本日は以上になります。

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。

 


1

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2018年6月 »

このページのトップへ