HOME > 院長ブログ > 宝くじで一等が当たったら!

院長ブログ

< 5月1日予約の空き情報です  |  一覧へ戻る  |  やっちまった! >

宝くじで一等が当たったら!

こんばんは。

 

渡部治療院です。

 

 

 

先日、相模原市中央区横山で健康について

 

高齢の方に、30分ほどお話をさせて頂きました。

 

 

この講演はシリーズで、

この後、上溝と田名でもやるそうなのですが。

 

私も、上溝と田名にも呼ばれるのかはさておき(^^

 

 

私の前の講師の方の話が、

あまりにも面白かったのでシェアしたいと思います。

 

 

 

確か演題は

 

「宝くじで一等が当たったら!」

 

だったと思います。(曖昧ですみません<(_ _)>

 

 

 

講師の方が冒頭、皆さんに質問しました。

 

(結構みなさん、再雇用とか、

バイトも含めて働いている方の集まりだったようです!)

 

「皆さんは、宝くじで一等が当たったら、何がしたいですか?」

という質問でした。

 

 

皆さん勢いよく、あれがしたい、これがしたいと

活発に意見が出ていましたが。

 

 

 

なかでも群を抜いて多かった意見がこちら!

 

 

「当たったら、会社を辞めて南の島でのんびり暮らしたい・・・!!!」

 

 

何年か前の私なら、私も同じ答えだったと思います。

 

 

今は違う!とハッキリいえますが(^^

 

 

ブログをお読みの皆さんの答えはどうですか?

同じような気持ちでいるかもしれませんね?

 

 

 

本題はここからです。

 

一通り答えが出た後、

講師の方が空気を一変させました。

 

「皆さん、それで本当にいいんですか?」

 

会場は水を打ったように静まり返りました!!

 

 

「大金を手に入れたらリタイアするとは、要するに、

カネさえあれば、仕事なんて今すぐ辞めたいという話しですよね。

それって裏を返すと、働く理由はカネ!になりませんか?

それで本当にいいんですか?」

 

 

この言葉に、誰一人反論できません!

 

 

私は次の出番を待ちながら心の中で

 

私の働く理由は

人の役に立ち、誰かによろこんでもらう事なので。

宝くじが当たっても仕事は辞めません!!

 

と呟いていたのですが・・・。

 

 

講師の方が静かに語りはじめます。

 

「皆さんにとって仕事とはなんなのだろう?

目的がお金じゃないとしたら、なんのために働いているのだろう?」

 

「ここは是非、自分自身の問題として考えて欲しい」

「あなたにとっての仕事とはどんなもので、あなたは何のために働いているのか」

 

 

この静かな口調が

皆さんの脳を再び動かしだしたのでしょうか。

 

みなさん、またわいわいと話し合いだしました。

 

 

結構パンチの効いた言葉だったので

このあと盛り返すのは大変だろうと思いきや!

まさかの賑わいに!

 

 

多分ですが、

この講師の方の喋り方、

もっているパーソナリティが

皆さんに一体感を与えたのだと思います。

 

 

結局、仕事とは?

働くとは?

というのが次回の宿題になったのですが。

 

 

場所を変えても、この日来た方々は

次の講義も聴きに行く事は間違いないです。

 

 

私も、この後講義をやるのちょっと辛いなぁ~

なんて思ったのですが。

 

ただでは転ばない私は。

 

 

冒頭

「皆さん良い宿題をもらいましたね!

因みにですが、私にとって仕事とは

 

自分らしく輝き、自分と人を豊かにするもので

 

働くとは、人の役に立ち、誰かによろこんでもらう事です」

 

という話しから入ったのですが。

 

もう皆さん前のめりになって

話しを聞いてくれました!!

 

 

もう、健康の話などどこかに吹き飛んで。

仕事の話になっちゃいました(^^

 

完全に人のフンドシで相撲を取ったのですが。

 

それはさておき。

勉強になる話をする人がいるものだなあと

感心したのと。

 

パンチのある言葉も、

来ている人の事を本当に思っていれば。

多くの人を笑顔にできるのだと痛感させられました。

 

私もこんな講義ができるようになりたいなぁ~

と強く思いました。

 

 

 

本日は以上になります。

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。

 


< 5月1日予約の空き情報です  |  一覧へ戻る  |  やっちまった! >

このページのトップへ