HOME > 院長ブログ > アーカイブ > 2018年7月アーカイブ

院長ブログ 2018年7月アーカイブ

エネルギーの概念

こんばんは。

中央区小町通の

渡部治療院です。

 

またまた間が空いてしまいましたが

今日はエネルギーについてです。

 

エネルギー.jpg

今日の話が理解できると、

普段の疲れは半分になり、

エネルギッシュに生活できるようになります!!

 

 

では、『エネルギーとは』なにか

説明していきます。

 

エネルギーとは

お金、知恵、ノウハウ、出会い、才能、やる気、意欲、

時間、アイデア、運、などなど、

色々なものに変換され、また、循環するもの全てを指します。

 

なかでも群を抜いているのは・・・

『感情』です!

 

 

************************

エネルギー(感情)が漏れないようにしたりするのに

************************

 

「感情ボックス」や「前世」を使ったりして

エネルギーが漏れないようにする事がまずは大事・・・

ということはもう何度もいってますね(耳にタコですかね!)

 

 

その次に

****************************

身体に溜まる悪いエネルギーを浄化(デトックス)するのに

****************************

「鼻うがい」をすすめた訳です!

(鼻の通りがよくなるのもですが、浄化のほうが作用としては大きいです)

 

 

本当は次に

『エネルギーチャージ』をするのですが。

チャージの方法は書くと長くなるので、

またの機会ということで・・・

(直接お会いできる人は聞いてくれれば説明します)

 

で、

 

 

「エネルギーが無くなる原因」ですが。

 

特に、感情の中でも

怒り・悲しみ・満足感は

かなりエネルギーを使ってしまうので注意が必要です。

(満足感やワクワク間も実は相当エネルギーが漏れてしまうのです)

 

 

ちょっと想像できるでしょうか?

 

朝から、子供に

「グズグズじないで、早く学校に行く支度しなさい!」

 

なんて大きな声を出して、怒鳴り、怒ってしまった後。

かなりエネルギーを消耗して、なんだかグッタリしてしまう。

 

この様な事は、誰でも思い当たるふしがあるのではないでしょうか?

 

 

あるいは、ご主人に

「ごはんの支度をしたのに、連絡もくれないで、

外で食べて来てしまい、なによそれ!!」

 

なんて夜になってまた怒ってしまった!

 

そんなことになったら、もう夕飯のかたずけの時なんて

エネルギーが切れてゲッソリですよね。

 

 

エネルギーという概念を知らないと、

エネルギーを消耗している事にすら

気付かずに、日々を過ごしてしまい

もうなにもやる気にならなくなってしまう

なんていうことになってしまうのです。

 

 

このような経験は、みなさんにも

あるのではないでしょうか。

 

また、やる気が無くなって、習い始めた

ヨガ教室や料理教室が続かなくなるのも、

 

実は根気がない訳ではなくて、

エネルギーが切れるからなのです!!

 

 

まあ、新しいことをはじめて

それを続けるのは、

習慣を味方にすればいいのですが。

この話もすると長くなるので、

これも機会があればお話ししますね。

 

 

エネルギーを語るうえで

重要になって来るのは、

「食事」と「睡眠」なのですが。

 

これを書くと物凄く長くなるので

これも後ほど・・・()

 

それから、これだけは言っておきます!

決定的にエネルギーが切れる原因として。

 

人は、誰かに期待して裏切られたときに

エネルギーが下がります!

 

 

例えば、

メールで子供に。

 

「ママ帰りが遅くなりそうだから、お米だけでもといで

ごはん炊いておいて!」

 

と連絡を入れたとします。

 

子供は

OK!やっておきます」

 

という返事を貰ったにもかかわらず。

家に帰ると・・・やってない!!

 

・・・・・

このあとどうなるかは想像できますよね。

 

 

これ、期待したのに裏切られたわけですよね。

 

ひいきのサッカーチームの選手が期待通りの

活躍をしない時も同じですよね!

 

「なにやってんだよ~~!そこはパスじゃなくてシュートだろ!!」

って怒っちゃいますよね。

 

 

じゃあなんで期待して裏切られた時にエネルギーが下がるのか!

って話ですが。

 

 

2秒くらい理由を想像してみてください!

 

 

そうです。

「自分の思い通りに動いて欲しいから」・・・ですよね。

 

もうお分かりだと思いますが。

ここで怒りのエネルギーを爆発させると

 

エネルギーはダダ漏れするわけですよ。

 

ではどうすればエネルギーは漏れないで済むのか

って話ですが。

 

 

相手を信頼するとエネルギーは漏れません。

 

ご飯が炊きあがってなくても

「何か事情があったの?」

と怒らないようにすると、エネルギーは漏れないのです。。。

 

 

信頼してあげて、次の手を考えれば

エネルギーは漏れないし。

子供も嫌な思いをしないで済みますよね。

 

 

エネルギーが切れないように過ごす習慣をつけると

難しいことでもなくなってくるのですが。

鼻うがい同様、なんでも最初は苦戦しますので。

 

意識してみて下さい!

 

 

一応、今日書いた事をまとめると

◎エネルギーという概念を持つこと。

◎エネルギーの中でも感情が一番重要だと認識すること。

◎感情のなかでも「怒り・悲しみ・満足感(喜びすぎ・ワクワク感)」

は相当エネルギーを下げると心得ること。

◎期待ではなくて信頼すること。(相手を自分の思い通りに動かそうとしないこと)

 

※あなたが、どんな時にエネルギーが上がって、どんな時にエネルギーが下がるのか。

これを書いてみると、常にエネルギーが高い状態を保てると思いますので。

やってみるとよいですよ!

 

 

 

それでは。

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 


ひかりのお米!

昨日は、お台場にて映画
「美味しいごはん」を見てきました。

DSC_0041_R.JPG

↑すいません、写真が縦になりません(^^♪

 

トークショウのなかで
ゼネラルマネージャーの小田さんが、こう言ってました。

 

「食べたもので身体が作られるのに、食べモノに
手をかけなかったり、時間を惜しんだりするのは良くないんじゃなか?」

 

「そこを惜しむという事は、人間関係や全ての事に手を抜くのと一緒なんじゃなか?」

とおっしゃっているのを聞いて。

 

私も、少しづつ変えていかなければいけないなあ~
と思いました。

 

一方で。
フードビジネスアドバイザーの永田さんが、こうもおっしゃってました。
「添加物、農薬がぜ~んぶダメ!っていうのも違う気がする。

戦後という時代の中で。物が腐ってしまってそれを食べる事による
病気を防いだり。
人口の急激な上昇時の食物の確保。という問題は
農薬や添加物も一役買ったように思う。

 

しかし、豊かになった今
それがなくてもなんとかできる知恵もあり。
そういう非効率なことをやって頑張っている人もいる。

 

勿論コスト面でかなり厳しいこともあり。
そういうことをやっている農家さんが、なかなか食べてはいけない
現実があるのも事実です。」

 

再び小田さんが
「この映画での収益や、今後DVDの貸し出しなどで得た収益で
こういった、良い物を作っている農家さんを助けていきたいのです。


食から日本を、世界を変えていきたい。そう思っています。」

 

なるほど、深いなぁ~と思いました。

 

およそ半年前に食べたもので
人間の身体は作られているといいます。

 

たべものを今一度見直して。
エネルギーに満ちた身体を作り。

さらにエネルギーに満ちた人間関係を作っていく。

 

そうすることで、
世の中みんながフローな状態になるんじゃないかな!

そう思った一日となりました!!


1

« 2018年6月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ