HOME > こんなお悩みの方へ > ムチウチ

こんなお悩みの方へ

ムチウチ

ムチウチが起こる原因

むち打ち症とは、交通事故などの強い衝撃に受け身がとれず体に衝撃を受けてしまい複雑で重い症状となることがあります。
中には軽い衝撃だったためその後の検査では異常無かったのに、2~3日後から症状が現れ、徐々に痛みが悪化することもあります。
むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や「頚部捻挫」などと言われます。
車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と呼ばれています。その怪我の度合いも、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。むち打ち症は首の正常な可動範囲を超えることにより、首の頚椎のバランスや関節、靭帯に問題が生じ、痛みがあらわれます。


ムチウチの種類や症状

  • 首の痛み、頭痛、肩こり、腰痛、めまい
  • 手の震え、手足のしびれ
  • 感覚異常、だるさ、倦怠感、吐き気、集中力の低下
  • ふらつき感、膀胱障害、パニック障害、うつ病
椎捻挫型、バレー・リュー型、脳脊髄液減少症型、神経根症型

むち打ちは適切な治療を行わないと、なかなか症状が改善されにくいという特徴があります。
交通事故に遭われてしまった方や現在治療を受けているがなかなか症状が改善されない方、まずはお気軽に当院にご相談ください。お客様の症状に合わせた診察を行い適切な治療をさせていただきます。

このページのトップへ